2013.11.27

カレがフェチ・ヘンタイだったときの対処法・5選


実際の定義は人それぞれでしょうが、一般的に見れば「変態」としか思えない性癖やフェチを持っている男性は意外とたくさんいます。多くは隠そうとしますが、それでも何かのきっかけでそのことを知ってしまったとき、パートナーの女性はどうすればいいのでしょうか。
変態の筆頭であるSMの愛好者が集まる場に長年身を置く筆者が、これまでの経験をもとに、フェチ・ヘンタイ彼氏との関係の築き方を提案します。

1.矯正しようとしない

残念ですが、筆者の知る限り変態は一生治りません。たとえ一度ははそこから離れたように見えても、多くがまた戻ってしまいます。変態は波があるだけで、なくなるものではないのです。それはおそらく性欲やものの好みといったものが、自己と密接に結びついているからでしょう。
特殊な性癖やフェチを無理に矯正させようとすることは、相手の人間性そのものの否定になりかねません。そうなると彼は息苦しさを感じ、あなたのもとを離れたり、あなた以外に本来の自分を満たしてくれる女性と関係を築くようになるかもしれません。たとえあなたがその性癖やフェチに付き合えなくても、「認める」だけで彼はだいぶ楽になるはずです。

2.その性癖に気づいた経緯を教えてもらう

まず、どんなきっかけがあってその性癖やフェチに気づいたのか、教えてもらいましょう。その気(け)がなければ受け入れるのは難しいフェチや特殊性癖の世界ですが、スタート地点を聞くことによって親近感が湧き、理解が深まることもあります。
ちなみに筆者の経験では、多くの人が幼少期に何らかの形で目覚めていますが、全員がそうというわけではありません。中には成長してから気づく、あるいは新たに目覚める人もいます。

3.初心者向けの雑誌やDVDなどを見せてもらう

あまり知られていませんが、日本は今やフェチ大国ともいっていい国。各種性癖に合わせた風俗が発達し、雑誌、DVD、写真集などのメディアも多数発売されています。
メディアの中には大抵、初心者向けといえるソフトな内容のものがあります。そういった「ショックの少ない」媒体に触れ、少しずつ慣れるようにしてみましょう。特殊な性癖やフェチには大抵、独特の美学があります。そこにわずかでもシンパシーを感じられればしめたものです。

4.情報を集める

無知であることが偏見に拍車をかけるのはよくある話です。特殊な性癖やフェチの発現は、よくよく調べてみると深層心理の投影であったり、何らかのトラウマがきっかけになっていたりする場合があります。
それらを知ることで相手を理解し、一緒に楽しむとはいかないまでも、できる限り付き合えるようにはなれるかもしれません。

5.ちょっとだけやってみる

生理的に絶対無理! というのではない限り、勇気を出してちょっとだけ試してみるのもおすすめです。実際にやってみたら思ったほどいやではなかった、意外と楽しかったというのは、よくある話です。
そもそも、特殊な性癖やフェチを嫌う女性の多くは、そのものに対する嫌悪感もさることながら、「自分が道具のように考えられている」ことにも反発を覚えるのではないかと思います。要するに、「ソレしてくれるなら誰でもいいんでしょ」という意識がどこかにあるのです。しかし、それはちょっと違います。 特殊性癖やフェチの持ち主も人間。愛する人とともにそれを楽しむのが至上の幸福なのです。

おわりに

最後にミもフタもない話ですが、特殊な性癖やフェチも、結局は「惚れちゃったほうの負け」な部分が大いにあります。生理的に受け入れるのが難しいのではない限り、好きな人が好きなことだったらとりあえず試してみよう、だって嫌われたくないし、という、ごくごく普通の恋愛と同じ心理が働くのです。その結果、自分もすっかりそちら側の住人になってしまい、パートナーと別れた後も変わらず身を置き続けている人を筆者は何人も見てきました。 特殊な性癖やフェチをパートナーにカミングアウトしたいと思っている男性(あるいは女性)の皆さん、受け入れられるかどうかは、案外あなた自身が魅力的かどうかにかかっているかもしれませんよ。

(早川舞/ハウコレ)

関連記事