2013.11.27

今年結婚した理想の芸能人カップル・トップ3


みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

今年は芸能人の結婚が多く、ワイドショーを華やかに彩ってくれました。みなさんには、「ただ幸せそうな姿を見ている」だけでなく、「結婚に至る過程を参考にしてほしい」と思います。

以下、恋愛コンサルタントであり、日ごろ芸能コラムも手がけている私が、今年結婚した4組の芸能人カップルと、「お手本にしたいポイント」を探っていきます。

【次点】堺雅人さん&菅野美穂さん

交際のきっかけは、昨年12月公開の映画『大奥~永遠~』。撮影期間を含めても、わずか1年以内で結婚を決めたのは、堺さんからの熱烈なアプローチに、菅野さんが勇気を持って「結婚前提なら」と伝えたから。だからこそ、堺さんはその結婚願望をしっかり受け止めたのでしょう。

つまり熱烈なアプローチを受けているときは、自分の結婚願望をハッキリ伝えた方がいいのです。徐々に熱が冷めると、男性は結婚を先延ばしにしたがるので、タイミングを逃さないようにしましょう。

【3位】ビビる大木さん&AKINAさん

交際のきっかけは意外にもAKINAさんから。共通の友人である天野ひろゆきさんにお願いして飲み会を開いてもらい、アプローチしたそうです。さらに、今年初めに大木さんが体調を崩したときに、献身的に看病したのも効果大。そしてプロポーズも、「私と結婚していただけますか?」とAKINAさんからでした。

交際期間は、わずか1年半であり、2人の年齢差は11歳。つまり、女性がかなり年下のカップルは、自分から積極的に動く方が結婚につながりやすいのです。男性心理として、「5歳以上年下の女性が言うことは、受け入れやすい。つい甘やかしてしまう」ところがあるので、ぜひ覚えておいてください。

【2位】ロンブー田村淳&元モデルの香那さん

芸能人の結婚で、今年最も驚かされたのが、田村淳さん。稀代のモテ男が生放送特番でサプライズ発表、さらに香那さんの「できすぎた嫁」ぶりも話題になりました。
香那さんは、淳さんいわく「前の前の前の彼女」。5年前に交際していましたが、「何でも許すからフヌケになる。もっとトゲトゲしていたい」という理由で淳さんから別れを切り出しました。
しかし、淳さんが安室奈美恵さんや矢野未希子さんとの恋愛を経て、「やっぱり彼女しかいない」と感じたのは香那さんだったのです。

参考ポイントは、2人の潔さ。自分の間違いを認めた淳さんは、香那さんの自宅にまで行って想いを打ち明け、一方の香那さんも当初は拒んでいたものの、熱意を受け入れることに決めたら、テレビ出演など夫を全面サポートしています。
「思いを伝えるときは全力で」「受け入れると決めたら全力で」という2人の想いがシンクロしたからこそ、幸せな結婚に直結したのではないでしょうか。

【1位】橘慶太さん&松浦亜弥さん

約12年間の交際を経て、27歳で結婚した2人。つまり15歳のころからずっとおつき合いしてきただけに、松浦さんの「私の青春には全て彼がいます」という言葉は、感動を呼びました。多忙や子宮内膜症に悩まされた松浦さんを橘さんが支え、努力家で一本気な橘さんを松浦さんが陰ながら支えてきたのです。

2人が教えてくれたのは、単に「純愛」とか「交際期間が長い」ことではなく、「長いなりの絆を育むことの大切さ」。また、それができれば、いずれ結婚が訪れるということ。交際期間が2年を超えたカップルは、ぜひ参考にして欲しいと思います。

一般女性も「チャンスあり」の時代

今年はその他にも、大ゲンカ破局から“でき婚”した早乙女太一さん&西山茉希さん、矢部浩之さん&青木裕子さん、中尾明慶さん&仲里依紗さんなど、知名度の高い芸能人カップルが目立ちました。

さらに、5歳年上の一般女性と交際10年で結婚した風間俊介さん。3歳年上の一般女性と交際9年で結婚した藤原竜也さんなど、一般人女性を選ぶ男性芸能人も目立ちました。アプローチと支え方次第では、みなさんにも十分チャンスがあるということではないでしょうか。

(木村隆志/ハウコレ)

関連記事