モテ子の新常識!涙袋盛り完全解説!


目を大きく見せるメイクとして、注目されている「涙袋メイク」。でもこれ、モテ子は当たり前のようにやっていたテクニックだったんです。涙袋には、デカ目効果だけでなく、ハイライト効果や小顔効果などもあるといわれています。ここをきちんと盛ることで、キュート差も格段にアップ!今回はモテ度をあげる、涙袋の盛り方を紹介します。

(1)ブラウンシャドウをナチュラルに


定番のブラウンシャドウを、いつもよりナチュラルに仕上げましょう。普段よりも気持ち薄めにブラシにとり、軽くまぶたに乗せていくと◎。下まぶたのメイクを強調させるには、マストな行程です。

(2)涙袋のアウトラインを描いて


(1)で使ったアイシャドウと同じ色、もしくは、やや薄めのブラウンをアイブロウ用ブラシにとり、涙袋の下のラインを慎重になぞります。細く線を描くことができたら、綿棒を使ってぼかしてください。

アイブロウブラシはキワや細いラインを引くのに便利なので、眉以外に使うのもオススメですよ!

(3)パールシャドウで涙袋に華やかさをオン

(2)で描いた涙袋のアウトラインより内側のふっくらと膨らんでいる部分に、アイシャドウを塗っていきます。小さめのチップを使用し、パール感の強いベージュ、パールピンク、イエローベージュ、その他ラメなどのカラーを使います。ブラシよりもしっかりと色を乗せることができるチップがおすすめです。

(4)アイラインとマスカラを塗って


アイシャドウを塗り終わったら、目のキワをアイラインで埋めていきます。続いてマスカラをオン。下まつげのマスカラはたっぷり塗ると、せっかくの涙袋が目立たなくなってしまうので、控えめにするのがベターです。

(5)下まぶたの目尻に陰を作って


下まぶたの目尻から1/3の部分に、ブラウンのペンシルライナー、もしくはアイシャドウで陰を作ります。ペンシルライナーの場合は薄く引いたあと、チップでぼかして。

アイメイクの重点が下まぶたになるから、涙袋を目立たせることができるよ。

おわりに


今までただ涙袋にアイシャドウを塗っていた人も多いのでは?

ひと工夫加えるだけでグンと可愛さもアップするので、この機会にモテ子の新常識をマスターしてくださいね。