2013.11.28

それ禁句!ブラック企業で働く男子に言ってはいけない言葉・5つ


ニートだった彼が、やっと彼が就職してくれた!・・・でも、ちょっとまって。喜ぶのはまだ早いよ。もしかしたら彼の就職先がブラック企業かもしれないからね。彼氏じゃなくても、あなたの男友達でブラック企業に勤めてる人はいないかな?そんなブラック企業でつらい思いをしてる男子と仕事についてカタるときは、絶対に言ってはいけない禁句があるんだよ。

1.嫌なら辞めればいいのに

バイトだって辞めたくなったら辞められるんだから、会社だって嫌なら辞めればいいのに・・・って思うコがいるかもしれない。でも、ブラック企業で働いてる男子って、じつは辞めたくても辞められないから悩んでるんだよ。辞めたらラクになる、それはわかってる。でも、辞められない。ラクになる方法がわかってるのにできないときほど苦しいことはないよね。悩んで苦しんでるとき、簡単そうに「じゃあ辞めれば?」なんて言われちゃうと、男子は八方塞がりになって、ものすごく悲しくなっちゃうんだ。

2.自分で入ったんじゃん

会社はいっぱいあるのに、どうして今の会社に入ったのか。それは、自分がそこに入りたかったからだよね。だったらブラック企業を選んだのは自分のせい・・・って思うコがいるかもしれない。でも、じつはブラック企業って、入るまではわからないことも多いんだよ。だって、最初からブラック企業ってわかってたら、だれも入りたくなくなっちゃうからね。入ってみて初めて、「やべえ、ブラックだった!」ってわかるんだ。それなのに、「ブラック企業を選んだお前が悪い」なんて言われちゃうと、男子としてはものすごくつらい気持ちになっちゃうよ。

3.ほかの会社もブラックだよ

ブラック企業っていう言葉がはやるってことは、それだけいっぱい世の中にはブラック企業があるってことだよね。だからなぐさめてあげるつもりで「ほかの会社もけっこうブラックらしいよ」なんて言ってあげたくなるかもしれない。でも、いま自分がブラック企業で苦しんでる男子からすると、いくらほかの会社もブラックだって言われても、自分のつらい現状は何も変わらないんだ。むしろ転職する希望を失ってますます落ちこんでしまうことがあるから気をつけようね。

4.お前のガマンが足りない

女の子だって働くのはラクじゃないよね。だからブラック企業で働く男子ってガマンが足りないんじゃないの?・・・って思うコがいるかもしれない。じつはその言葉って、男子たちが周りの大人からよく言われて傷ついてる言葉なんだ。大人は「昔はもっとひどかったけど、みんながんばったんだぞ。それにくらべて今の若いやつは・・・」とか言うんだよね。だけど昔と今は全然ちがう。そんな偉そうに言ってる大人だって、もし今のブラック企業で働いたらすぐいやになっちゃうよ。だからせめてあなたは同年代の男子たちに優しくしてあげてね。

5.自力でホワイトにしていこう

ブラックだからって文句ばっか言ってても何も変わらない。だったら自分から積極的に動いてホワイトな会社にしていけばいいのに・・・って思うコがいるかもしれない。でも、そんな元気も出せなくしちゃうくらいブラック企業って大変なんだ。男子としても、できれば前向きにがんばって少しでも職場の環境を良くしていきたいと思ってる。だけどブラック企業っていうのは、そんな男子のポジティブな気持ちさえもうばってしまうの。元気をなくした男子の味方になってあげられるのはあなただけだよ。

羽林由鶴さんからのメッセージ

ニートでも困るけど、ブラック企業で働くのだってつらい。朝早く出勤して夜遅く残業して休日もなくて、人生のほとんどの時間をブラックな職場で過ごしてる。そんな男子にとっての、心がやすらぐ場所ってどこだろう?
それはね、男子の気持ちをわかってあげられる女子が作るんだよ。あなたも男子の気持ちがわかってあげられる心優しい女子になって、大事な彼を癒してあげてね。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事