2013.11.28

積み重ねが効く?「この子、いい子だなあ・・・」と男性が感じる言動


お互い知り合って間もなくて、まだ関係がそんなに深くないときでも、ふとしたタイミングで「この人いい人だな」って感じることってありますよね。
その人の印象を決定づけるのって、意外と日常の些細な言動だったりするんです。
今回は男の子が「この子、いい子だなあ…」と感じる言動をご紹介します♪。

1.「ありがとう」が素直に言える

簡単なことのようで意外と言えないのがこの「ありがとう」です。
ドアを開けてもらうとか、本当に些細なことにでもきちんと感謝は伝えましょう。
そのためには日頃から常に口に出して、小さなことにでもすぐ言えるようにクセづけておくのが大切です。混んだ電車を降りる時に通してもらったり、先に乗った人がエレベーターを閉じずに待っててくれたりした時、つい「すみません」って言ってませんか?それを「ありがとう」に変えてみるところから始めてみましょう。

2.「ごちそうさま」「おいしかったです」が言える

外食したとき、テーブルでご飯を食べているときは「コレおいしい!」とかって連発していても、それを彼と2人で共有するだけで終わっていませんか?
2人でご飯を食べて「おいしいね」って思ったのなら、それは是非お店の方にも伝えましょう!会計の時に、お店の方へ料理がとてもおいしかったことを伝え、お店を出る時にはきちんと「ごちそうさまでした」を言って出ましょうね。
お店の人も喜びますし、良かったことや嬉しかったことを人に伝えられるのは彼にとっても好感度が高いですよ。

3.ブランド音痴

ブランドに詳しくない女の子ってそれだけで男の子から好感度が高いんですよね。
全身ブランドもので固めてたりする女の子は明らかにお金かかりそうだし、そういう子を男の子が敬遠しちゃうのはもちろんなんだけど、そもそも男の子って、女の子に比べてブランドにそんなに興味がない子が多いんですよね。男の子からしてみると、自分のが全く興味がない分野が大好きな女の子より、あまりブランドとか知らないんだよね~って言ってるくらいの女の子の方が、親しみやすくて身近に感じられるんです。

4.人を落とさずに会話ができる

誰かをけなしたり落としたりすることなく会話ができるのって大切です。
面白いことを言おうとしたり、会話を盛り上げようとして誰かを攻撃しちゃうことってあると思うんだけど、それってあんまり印象良くないんですよね。
身近な人の悪口はもちろんダメだけど、例えばテレビを見てて芸能人にツッコミ入れたりすることってあるじゃないですか。そういう時も悪口っぽい言い方になっちゃったり、ちょっと通っぽさとか「知ってる」感を出したくて上から目線な言い方になっちゃわないように気をつけましょう。人の欠点は目立つし指摘もしやすいもの。それよりも良いところに意識して目を向けてみましょう。

吉井奈々からの愛ある毒のメッセージ

いかがでしたか?
今回ご紹介したのはどれも、何か特別なことをするっていうよりも、普段の日常生活の中でのふとした些細な言動ですよね。「あの子いい子だよね」っていう印象って、そういう些細なことが積み重なってできるもの。
こういう言動が自然に出てくる子はそれだけ男の子から好感度も高くなるし、印象にも残りやすいんですよね。
下手に作りこんだような発言よりも、日常的な挨拶や喜び、感謝を自然と伝えられるステキな女性になってくださいね♪

(吉井奈々/ハウコレ)

関連記事