2013.11.28

女性が「ウソくせ!」と思っていても、男は超真剣に口説いてるパターン5つ


ときどき男性から「真剣に口説いたのに、『またまた~、いっぱい遊んでそうに見える**君に好きと言われても、信用できないし』と言われてショックだったんっすよ」という話を聞きます。これは同性として聞き捨てならん!
というわけで、今回は、女性が「ウソくせ~!」と思っていても、じつは男は超真剣に口説いているパターンについてご紹介したいと思います。
ちょっとだけでいいので、真剣にお読みいただき、かわいそうな男子に愛の手を差し伸べてみてはいかがでしょうか。

1.メールで「付き合ってよ」

「なぜメールで告ったら『ちゃんと会って告白しなさいよ』『メールで好きって、なんかウソっぽいね(笑)』と、女子は言うのでしょうか。面と向かって告ったら恥ずかしくてキョドってしまうからメールで告っているのに。オレがキョドる姿をそんなに見たいんですかね?」(22歳/大学生)

イヤ……誠意を確かめたいとか、そっち系の女子の願望ゆえでしょう。

2.女「あたしの目を見て好きと言って」 男「好きだよ」 女「ぷっ」

「目を見て好きと言ってと言われたから、目を見て超真剣に『好き』と言ったら笑われました。Why?」(25歳/商社)

これは男にとってみたらwhyでしょうね。若さゆえの「好き」の裏返しの「ぷっ」……ということなのか、あたしに告るのは100年早いと思われているのか……謎。

3.エッチ前の「かわいいね」

「エッチの前に『**(彼女の名前)、かわいいね』と言ったら『またまた~、お口がうまいんだから。みんなに言ってるでしょ』と言われました。すごくショックです」(24歳/メーカー)

これは「みんなに言っていない」ことの証明のしようがないので、ショックを受けた気持ちをどうすることもできないですよね。以下も同じ彼の証言です。

4.エッチ終わりの「好きだよ」

「エッチの終わりには、気持ちが最高潮に高ぶって、彼女のことが大大大好きになりました。でも彼女のほうはしれっとしたもので、ぼくが『好きだよ』と言っても、『ウソばっか』と言われました。ウソじゃないのに」(同上)

男女で気持ちが高ぶるときに時間差があるというのも大きな理由でしょう。あるいはていよくはぐらかすときに「ウソばっか」と、女子は言いますよね。ウソでもなんでも、男子は真剣そのものです。

5.別れ際の「また会いたい」

「女子とエッチしたあとの別れ際に『また会いたい』と言って、また会えた試しがありません」(同上)

ここまでくると、これを証言している男子のほうに問題があるのかもしれないと感じますよね。でもまあ、ひと晩限りと思って、別れ際には100%割り切っている女子と、肌を重ね合わせることができた悦びにいつまでも浸っている男子、という具合に、気持ちが最高潮にすれ違うのが別れ際であり、そこで男子がなにを言っても女子は「ウソくせ!(さっさと帰れば?)」と思うのでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?
チャラ男の影響なのか、なんなのか、とにかく最高にいい言葉(好きだよ! とか、付き合ってよ! など)をどんどん却下していく女子と、最高にいい言葉しか知らない男子がいくら勝負したところで、女子が勝つに決まっていますよね。
ここはひとつ、女子が折れて、「ウソっぽいけど、1%くらい誠意のある男子っぽいから、付き合ってみるか」と思うか、折れないで女子的に満足するまで口説かせるか。
一般的には歳を重ねるごとに、口説かれにくくなるようなので、男子がなにを言っても「ウソくさ!」と言って、それでもしつこく口説いてくる男子を手玉にとって女王様気分に浸ってもいいかもしれませんね。小悪魔とか悪魔とか悪女と言われない程度に。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事