2013.11.29

肌荒れも乾燥もこれ一つで一気に解決!「優秀なプチプラオイル」の正体は?


いよいよ本格的な冬到来。顔だけでなく膝やかかとなど、様々なところの乾燥や肌荒れが気になり始めている人も多いのでは?そんな冬のトラブルを一気に解決してくれる、とっても優秀なプチプラオイルをご存知ですか?それは「馬油」。今回は馬油の魅力とその効果についてお話します!

万能プチプラオイル「馬油」とは?

馬油とはその名の通り馬の脂肪からとれる油のことです。人間の皮脂にとても近い性質を持ち、浸透力が非常に高いのが特徴の油です。美容家さんの間でも愛用している人が多く、IKKOさんは「一生手放せないと思う」と語るほど!

馬油の魅力とその効果

浸透力が高いので、ベタつかずにしっかりと保湿できます。また、もともと火傷の治療などで使われていた馬油には抗炎症作用・消炎作用があり、肌荒れを抑えて改善してくれます。赤ちゃんでも使えるほど肌に優しいものなので、アトピー肌の人や敏感肌の人でも安心して使えるのも馬油の魅力。血行を促進してくれる作用もあるので、肌の新陳代謝を促してターンオーバーを正常化し、シミや傷跡などを薄くしてくれる効果もあります。

オススメのフェイスケア方法・4つ

(1)スキンケアとして
普段の保湿ケアとして使います。化粧水の後に使用するのはもちろん、乾燥が気になる時には乳液などに混ぜて使うと保湿力がアップします。

(2)パックとして
寝る前にたっぷりつけてスリーピングパックとして使ってもいいですし、お風呂にはいる時に乾燥防止として少し多めに馬油をつけてパックをし、最後軽く洗い流してから出ると、肌がぷるぷるになります。
(3)まつげ美容液として
まつげ美容液として使うこともできます。馬油を塗ることで目元の皮膚が健康になり、新陳代謝が促されて発毛しやすい皮膚環境になるので、結果としてまつげが健康になります。麺棒にとってまつげの根元に塗りましょう。

(4)化粧下地として
乾燥するこれからの季節、化粧下地として使うのもオススメです。浸透率はよいのですが、それでもベタつきが気になる人は、馬油を塗った後に軽くティッシュオフするとよいでしょう。

オススメのヘア・ボディケア方法3つ

(1)頭皮ケアに
洗髪前に馬油を指先にとって、頭皮をマッサージしながら擦り込みます。約20分程おいたら洗い流します。必要な成分は浸透するので、余分な油分は洗い流しましょう。こうすることで頭皮の血行が良くなり頭皮環境が改善されるので、健やかな髪が育ちやすくなります。

(2)乾燥が気になる部分のケアとして
そのままでも、ボディクリームに混ぜて使ってもOK。すべりがいいのでマッサージをしながら保湿ケアをすればむくみもとれて一石二鳥です。また傷跡にも効果があるので傷跡が気になるところに塗ってもいいですね。

(3)花粉症対策に
秋花粉による肌荒れで困っている人も多いかと思います。実は馬油は花粉症対策にも使えます。馬油を麺棒にとり、鼻の粘膜に塗ることで粘膜が保護され、くしゃみが治まったという報告があります。

おわりに

一瓶約2000円前後で手に入るというお手頃な値段も魅力の一つ。こんな万能アイテムを使わないなんてもったいない!冬の乾燥は手強いですが、馬油で全身保湿して、この冬を乗り切りましょう。

(佐々木仁美/ハウコレ)

関連記事