2013.11.29

結婚のチャンスは公園に?!さりげなく彼に結婚を意識させる方法・4つ


晩婚化が叫ばれている現在、まだまだ20代だから大丈夫~と表面上は笑っていても、友人から結婚式への招待状が送らてくるたびに、減っていくお金と焦る気持ち・・・単純に喜べない自分に嫌気がさすこともあるのではないでしょうか?
結婚願望があるなら行動あるのみ!今回はめでたく旦那をゲットした20代女性にアンケートを行い、さりげなく彼に結婚を意識させるコツを伺いました。
結婚を意識させたいなら、公園に行くのが近道?

1.子供と触れ合う

「ポイントは子供です。結婚って男性にとっては負担が増えるわけじゃないですか。でも子供は結婚しないと得られない。そこで子供がいる場所に連れて行き、あの無邪気なかわいさにメロメロにさせ、「子供がほしい」→「結婚しよう」に持ち込むのが早いです。」(27歳/主婦)

まずは子供の無垢な可愛さを利用するという方法ですね!子供って可愛いといわないといけない雰囲気を持っていますよね。一般的に言えば子供は無条件に可愛いし、せっかくならほしい!自分の目で確認させることで、その気持ちに火をつけましょう。

2.犬や猫をきっかけに

「動物好きの彼とドックランに出かけ、誰かの犬とたわむれながら、「犬欲しいなー今のアパート買っちゃダメだもんね・・・」と悲しげに一言。すると彼はちょっと考えた末「一緒に家買って飼えばいいか」と言ってくれたんです。誰かさんの犬に大感謝です!」(28歳/主婦)

子供と同様、可愛さを前面に押し出してくる小動物。犬や猫は昔実家で飼っていたなどの経験から、また飼いたいなーという気持ちが芽生えやすいです。
そのほかにペットショップに行って、犬猫の可愛さを利用して落としたという人も。動物好きにとって、動物の真ん丸の目に見つめられると弱いんですよね。

3.結婚後の理想の将来像を見せる

「2人仲良く散歩しているおじいちゃん・おばあちゃんの夫婦をベンチに座ってぼーっと見ていた時に、思わず「あんな風になりたいなー」と小さい声で言っちゃったんです。後から聞いたら、それが彼にとってはきっかけになったみたいです。」(28歳/証券)

結婚とは、すなわち今後ずっと一緒ということ。この人と数十年後もうまくいくのかな?という不安な気持ちも、あえて理想の将来像を見せることで吹っ切れるのかもしれません!もしくは、年をとってから一人よりも誰かと一緒にいたいという気持ちを刺激する効果もありそうです。

4.家族の話を持ち出す

「どこかの家族が公園仲良くお弁当を食べているようなまったりとした空気なら、自分の家族の話もできます。不器用だけど優しいところのあるお父さんや、小うるさいけど今も一番の理解者であるお母さん・・・というように家族のことをより良く話す!お父さんの優しさは強調する!すると彼も会う気になってくれたみたいです。」(33歳/主婦)

今もなお、男性側が彼女の実家の父親に挨拶をしにいくのは当然のことのようですね。男性にとってはどんな親が出てくるのかと恐れているかもしれません。ほっこりする家族のお話で、“家族に加わりたいな”という気持ちにさせるべしです。

おわりに

いかがでしょうか?お気づきかと思いますが、これらの会話のきっかけは公園に行けばほぼ遭遇できるシチュエーションなのです!特別な場所で、素敵な雰囲気を作り出すより、より日常の生活の一場面を見せて、リアルな結婚の理想をイメージさせちゃってください!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事