2013.12.09

お砂糖は卒業!体の中からキレイになれる甘味・5つ


ダイエットや美肌のために、スイーツを我慢している方。では、「飲み物に入れるお砂糖」は気にされていますか?コーヒーや紅茶に入れるお砂糖、1回5g使ったとして、1日2杯で10g、1週間で70g、1か月で280g。一生で考えたら…??そこで今回は、頑張らなくてもお砂糖をやめられる甘味をご紹介します!

メープルシロップ

メープルシロップには、54種類のポリフェノールが含まれているため、抗酸化力の強い甘味です。カロリーは、ハチミツより高いものの、ハチミツの約75倍のカルシウム、約130倍のカリウム、約18倍のマグネシウムが含まれています。むくみの改善や代謝UPに欠かせないミネラルが豊富に含まれているのは嬉しいですね!また、メープルシロップは、シロップ状の物だけでなく、顆粒状のものもあり使いやすいのも良いですね。ただし、これはサトウカエデ樹液100%のメープルシロップのことですので、メープル風シロップには、このような成分は含まれていませんので、ご注意ください。

黒糖

中医学では、黒糖は「温裏類」といって、内臓を温め、冷えを解消する食材に分類されています。身体を温めることで内臓の働きが活発になれば、代謝が良くなり、自然と痩せ体質が作られます。また、黒糖は精製されていないため、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールが含まれています。黒糖のポリフェノールは、メラニン色素の生成を促す「チロシナーゼ」の働きを阻害する効果や、糖の吸収を妨げる効果があり、美肌も美ボディも養う甘味です。

ハチミツ

ハチミツには、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどのビタミンが含まれています。ビタミンには、活性型と不活性型があり、不活性型ビタミンは、体内で活性型に変換されて初めて機能します。ハチミツに含まれるビタミンは、92%が活性型ビタミンと言われていますので、質の良いビタミンが含まれています。このほか、鉄やカルシウムなど27種類のミネラルと、必須アミノ酸を含む22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールなど、実に様々な栄養素が含まれていて、健康的な美ボディのためには積極的に摂りたい甘味です。
また、ハチミツには強い殺菌効果がありますので、飲み物に入れて飲めば、喉の殺菌になり風邪の予防にもなりますね!

アガぺ

アガぺとは、メキシコなどの生息するリュウゼツランの根茎の部分から作られたシロップです。GI値が21とグレープフルーツより低く、血糖値を急上昇させません。血糖値が急上昇しなければ、余分な糖が脂肪として身体に蓄えられる心配はありません。また、アガぺには甘味には珍しく水溶性食物繊維が含まれています、それだけでなく、オリゴ糖も含まれていますので、腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境の改善に役立ちます。

甜菜糖

上白糖、キビ砂糖、黒糖などはサトウキビを原料としていますが、甜菜糖はサトウダイコンから作られます。サトウダイコンは、身体を温める効果があるため、甜菜糖にも身体を温める効果があります。また、オリゴ糖を含むため、腸内環境の改善にも役立ちます。同じような茶色い砂糖に三温糖がありますが、三温糖は上白糖を煮詰めてカラメル色をつけたものですので、甜菜糖とは異なります。

おわりに

ご紹介した甘味は、どれもスーパーや健康食品を扱うお店で手に入れることができます。お砂糖LOVEな方にもおススメできる、美味しい甘味ばかりです。ぜひ、お砂糖を卒業して身体の中から美しくなれる甘味を使って下さいね!

(岩田麻奈未/ハウコレ)

関連記事