2013.12.14

悩みはつきもの?社内恋愛を始める前に考えるべきこと


「周りの人が気になって、アプローチしづらいです。どうすれば良いでしょうか?」職場や学校など、同じコミュニティに好きな人がいる、という方に多いのがこのお悩み。自分と同じ空間に好きな人がいる時、そこにはどうしても、アプローチすることへの躊躇があるかと思います。今回は、そうした、「同じ空間に好きな人がいる時」に躊躇してしまう方へ、一歩踏み出すための方法をお伝えします。

1.最悪の場合を想定する

まず、あなたが好きな異性にアプローチした際、最悪の場合どうなるかを想像してみましょう。例えば、周囲にさとられてひやかされる。好きな人から避けられる。仕事がしづらくなるetc……。こうした「本当に最悪の場合、どうなるか?」を一度考えてみてください。

想像できたら、ネガティブな感情をぐっと感じてみましょう。起きるかどうかは分からないですが、そうした可能性があるんだ!ということを自分で受け入れることです。

2.最高の場合を想定する

次に「こうなったら最高だな」と思う未来を想像してみてください。先ほどとは真逆の想像です。すべてがうまくいった場合、あなたと好きな異性の関係性はどうなりますか? 周囲は、あなたと異性のことをなんて祝福してくれるでしょうか。

想像ができたら、そのポジティブな感情をぐっと感じてみます。基本的に、想像できることは実現しうるものです。さっきと同じように「この可能性もあるんだ!」ということを自分の中で受け入れてください。

3.どちらの未来になることも受け入れる

前項でお話したように、想像できることは実現するものです。この場合、あなたの想像した最高の未来と最悪な未来は両方可能性があるということです。しかし、残念ながらどちらが実現するかまでは分かりません。

ですから、今のあなたの恋愛を進める上で、どちらの未来も起こりうるということを受け入れてください。それを受け入れることができなければ、その恋愛は進むことは恐らくないでしょう。リスクもリターンも受け入れてこそ、未来は開けます。逆に、リスクを受け入れることができなければ、その恋愛はあきらめた方が良いかもしれません。というのも、リスクに怯えているようではあなたの本当の魅力が自然体で相手に伝わることはないからです。

4.両方の心の準備をする

受け入れることができたら、最悪の未来と最高の未来に向けて心の準備をしましょう。最悪の場合を迎えても、大丈夫なようにするのです。仮に好きな異性に振られて、職場にいづらくなった場合。相談できる人は身近にいますか? 逆に最高の未来を迎えた場合、デートする場所は考えてありますか? 両方の準備ができれば、あなたは自然体な魅力を出すことができます。そうすれば、結果的に自分で好きな未来に向かう可能性が高いのです。

5.アプローチしてみる

さて、ここまでのステップが踏めればもう十分でしょう。自分の中に何か、しっかりと地に足のついたエネルギーが充実しているのを感じますか? 恋愛を自分のイメージの中で完結させてしまっている人は、とてもふわふわしています。そうすると、現実面で恋愛が進まないどころか、誰かに好きな人を横取りされてしまうでしょう。

好きな人を想って、ドキドキしたりヤキモキしたりするのは悪いことではありません。しかし、身近な仕事で例えれば、恋愛には営業戦略と実行する行動力が大切になるのです。

おわりに

同じ空間に好きな人がいるなら、それだけでその恋愛は進む速度が他の場合と比べて早いはず。良い結果にせよ悪い結果にせよ、あなたの恋愛経験を積むことができるわけです。準備ができたら、ぜひ行動に移してみてくださいね。

(今井翔/ハウコレ)

関連記事