2013.12.17

エッチのとき、男がひそかに「こりゃ、困った女子だな」と思っていること5パターン


エッチのときに男子が「嫌だなと思うこと」と言えば、「アソコがくさい」とか、まあここに書くに及ばないことたちです。
しかし、イヤではなく「困った」と男子が思うことも、エッチにおいてはあります。それはいったいどんなことなのか?何人かの男子に聞いてみました。さっそくご紹介しましょう。

1.彼女のカラダが硬い!

「エッチって、凝りに凝った四十八手をしなくても、女性のカラダの柔軟性が求められる体位ってありますよね。たとえばマングリ返しとか、正常位のときに脚を全開にするとか。
そういう、男子的にすごくおいしそうな体位をさせようと頑張っても、彼女は『イタタタ……あたしカラダが硬いんだよね』と……困ったもんです」(25歳/テレビ制作会社)

男女ともに柔軟体操は必須かもしれませんね。男子もうっかりしていると、エッチの最中に足の小指がつって、恥ずかしいことになったりしますので、筋肉は日々、柔軟にしておくに越したことはないでしょう。

2.脚でぼくの頭を挟まないでほしい

「クンニしているときすごく感じてくると、彼女は脚をピンと張って、閉じようとしてきます。たぶん気持ちいいのだと思うんですが、脚でぼくの頭を挟まないでほしいです。舐めづらいんです」(22歳/大学生)

こういうことを避けるために、脚をしっかり開かせようと男子が試みるわけですが、カラダが硬いと、結果的に男子の頭蓋骨が被害を受ける……ということでしょう。

3.髪の毛をクシュクシュされる

「ぼくの彼女は気持ちよくなったら、ぼくの髪の毛を両手でクシュクシュしてきます。セットが乱れるのでやめてほしいです」(26歳/営業)

頭をクシュクシュするくせは、どこで身に付いたのか?女子のみなさん、もしよろしければお答えください。

4.男子の手を女子が押さえる

「ぼくが手マンしていたら、気持ちよくなった彼女が、ぼくの手を押さえにかかります。気持ちいいからやめないでほしいという気持ちでいるはずなんですが、なぜか手を押さえるんですよね」(29歳/IT)

アクセルとブレーキを同時に踏み込んだらスピンします。つまり車がぐるぐると回転します。それがなにか? と言われても困るんですが……。

5.声がデカい!

「彼女は本気で感じると、ものすごく大きな声を出します。庭で買っている大家さんの犬が一緒になって吠え出すくらい声が大きいです。やめてほしいです」(20歳/学生)

声にボリューム装置はついていないので、なかなか止まないでしょうね。

おわりに

いかがでしたか?男子って、こうやってみたら、前戯から後戯(後戯という気の利いたものをしてくれるのであれば)にいたるまで、エッチの最中、ずっと困ってばかりですよね。
脚で頭を挟まれる男子は、ちょっと絵的に愉快ですが、男女ともに、「言いたいけど言えないこと」を背負いながら、気持ちよくなっているのでしょうか。
であれば、エッチはただ快楽を得るための行為ということではなく、気遣いを学ぶ最高の教材ということになりますよね。エッチは課外授業であるという言い方は、このへんに由来するのでしょうか(たぶんちがうと思うけど)。

(ひとみしょう/ハウコレ
関連キーワード

関連記事