2013.12.18

ふんわり大人ガーリーを極める!ピンクちょい足しアイメイク


重要な部分だからこそ、冒険するのが怖くてマンネリになりがちなアイメイク。そんな方におすすめなのが、いつものブラウンメイクにピンクをちょこっと足すだけで、ガーリーかつセクシーになれる秘密のアイメイクを今回は紹介します!

(1) いつものナチュラル系アイシャドウ+ピンクシャドウを


普段使っている、ブラウン系のアイシャドウをまぶたにオン。二重幅広めにブラウンシャドウを広げている子は、いつもよりも控えめに入れるように心がけましょう。同じように入れてしまうと、くどくなってしまうので要注意。
続いて、上まぶた中央に淡いピンクシャドウを丸くぼかしながらのせていきます。まぶたに凹凸が生まれるので、ベージュやシルバーなど他の色で作るよりも女性らしいセクシーな印象に仕上がります。

(3) 下まぶた中央にもピンクシャドウを


下まぶたの中央部分にも、(1)でのせたピンクシャドウを少しだけおきます。子どもが泣いたあとのような潤んだツヤ感が生まれて、白目が透き通ったように見せることが可能。

(3) ブラウンライナーでメリハリを


ピンクで甘くなりすぎるのを防止するために、下まぶたと下まぶたのインサイド3分の1にブラウンのペンシルライナーを引きます。ラインはチップや綿棒で自然にぼかしましょう。

(4) ラインの仕上げはマットなブラウンシャドウ


(3)入れたブラウンライナー部分に、マッドなブラウン系のアイシャドウを入れてナチュラルに仕上げていきます。

(5) 仕上げにピンクシャドウを重ねて


(4)で仕上げたブラウンラインの上に、(1)と(2)で使ったピンクシャドウよりも薄めのアイシャドウを重ねます。このひと手間を加えると、よりナチュラルな目元に仕上がります。

(6) パウダリーファンデで微調節を


上まぶた下まぶたともに、ピンクの発色が強くなりすぎてしまった場合はパウダリーファンデをブラシに薄くとって上からのせます。ふんわりとかぶせるように抑えると失敗なくカバーできるので、試してみてくださいね。

大人ガーリーちょい足しピンクメイク完成


マンネリになっていたブラウンメイクも、ピンクシャドウの力がちょっと加われば変身可能!ふんわりとした優しい印象+ちょっぴりセクシーさも演出できるピンクちょい足しアイメイク。季節問わずにできるから、ぜひトライしてみてくださいね♡

関連記事