2013.12.22

支配されたい!壁ドンを盛り上げるセリフ・5つ


みなさんは、壁ドンという言葉を聞いたことがありますか? おそらく、多くの女性が聞いたことがあると思います。
部屋でうるさく騒ぎすぎて隣の住人から「うるせぇ!」と壁をぶん殴られることでもなく、引きこもりがお母さんに「ご飯持ってこいよ」の合図に部屋の床を踏み鳴らす「床ドン」でもなく、男性に呼び出されて壁と彼の間に挟まれたまま、彼が壁に手をドンっとつく、アレです。
説明が長くなりましたが、正直この「壁ドン」。具体的にどうやったらロマンチックになるのかよくわかりませんよね。というわけで今回は、官能小説家である私・小川沙耶が、壁ドンを盛り上げる5つのセリフを伝授しちゃいます。では、ご覧下さい。

1.「オレの女になれよ……」

まずはこれ。ちょっと気になっていて、「いいなぁ……」と思っている男性に、飲み会の途中でトイレの出入り口付近でばったり。つかの間の2人きりの空間に、ドキドキする間もなく、カレからの「壁ドン」。からの、「オレの女になれ……!」強引で、なんてワガママ。
でも、今どきこんなにストレートに想いを伝えてくる男性なんてなかなかいないはず。
しかも、いつ人が来るかわからない状況が、ハラハラしますよねぇ。

2.「このままどこか連れて行って」

今度はアナタが言うセリフ。せっかく勇気を出して、ひと目もはばからずに「壁ドン」してくれたカレのために、今度はアナタが大胆に。「このままどこか連れてって……」なんて椎名林檎の歌詞のようですが、女性としても、一度は言ってみたいセリフかもしれませんねぇ。

3.「キッスして……」

またまた大胆なアナタが要求されるセリフ。ポイントは、キスではなくて、キッスなところ。カレとの身長差が10センチ以上あれば、なおのことベストです!
やっぱり、背の高いカレにされる壁ドンは、一味違うんでしょうね……。

4.「目、閉じろよ」

いい、すごくいいですね(笑)! 我ながらキュンキュンします。
壁についた片手、そしてもう一方の手は、アナタのあご元へ……。あっという間に奪われる唇……。
万が一にも、アナタの「キス待ち顔」がひどかった場合、目を閉じているあいだ(まだかな、まだかな)と待っているあいだに、カレはスタスタどこかに消えてしまい、しばらくしてから目を開けて「誰もいないんかーい!」となるのだけはイヤですね。気をつけましょう。

5.ただただ無言でキッス

最後はコレ。言葉もなく、ただ壁ドン。そして射るような目で見つめてきて、そのまま口づけ。なんてロマンチックなんでしょう。
愛する2人に言葉はいらない。まさにそれを体現するものといえましょう。

おわりに

いかがでしたか? 正直、私のまわりにも実際に壁ドンをされたという女性はあまりいませんが、火のないところに煙はたちません。きっと実在するはず(笑)!
アナタにもその日がくるまで、辛抱強く待ちましょう!
あ、もしも好きでもない男性に壁ドンされそうになったら、大事な部分を膝で蹴り上げて全速力で逃げましょうね!

(小川沙耶/ハウコレ)

関連記事