2010.06.29

iPadのGoodReaderにファイルをWi-Fi転送せずに閲覧する方法

iPadでファイルを閲覧するのに、「GoodReader」というアプリが便利です。以前、Wi-Fi転送で見る方法を書いたのですが(こちらのステップ4から)、今回はもっと楽チンにファイルを見る方法を書きたいと思います。

方法1・メール添付で見る

これは既に気付いている方も多いかもしれません。

  1. 自分のiPadメールにファイルを添付して送信
  2. iPadでメールを開くとGoodReaderのマークが付いていて、
  3. そこをタップ
  4. 自動的にGoodReaderが起動して閲覧可能

という具合です

           

方法2・Dropboxと連携

ここから紹介する方法はメール送信の必要もありません。

 

まず、「Dropbox」という無料アプリをインストール・設定しましょう。

(インストール・設定方法はこちら

このDropboxではPC内に保存されたファイルをPCを起動していなくても閲覧することができます。これとGoodReaderを連携させてしまうのです。

ステップ1

では、GoodReaderを起動します。

画面右側にある「Connect to Servers」の「Add」をタップ。

するとこのように表示されるので、もちろん「Dropbox」をタップです。

ステップ2

するとこうなります。ここにDropboxの設定の際に登録したアカウントを入力します。

「Readable Title」は入力しなくて良いです。

「User」のところにはメールアドレスを入れます。

それができたら、「Add」をタップ。

 

すると、このように表示されるので、アクセスできるまで待機。

ステップ3

アクセスできるようになったら、このようにDropbox内のファイルが表示されます。

 

では、この中から見たいファイルをダウンロードしましょう。

ステップ4

ファイル名をタップです。ここでも「OK」。

 

 

そしたら右側にある「Downloads in Progress」のところでダウンロードが開始されます。

完了

それが済んだら、あとはもう閲覧できます。

左側の「My Documents」から開きましょう。

 

このことで、GoodReaderから必要なファイルだけダウンロードして閲覧できるようになりました。それに、GoodReaderではZIPに圧縮することもできますし、メールに添付して送信することだってできます!

 

アプリとアプリが連携して、より使い道が広がりますね。

関連記事