2013.12.22

今年のラストスパートに!疲れを癒してやる気を出すアロマ・3つ


今年もあと少し。今年中にやり終えなきゃならないこと、来年に持ち越せないこと…、年末になるにつれて仕事が忙しくなり、残業をしたり休日返上の人もいますよね。疲れてきたけど頑張らないといけない、そんなあなたに、心や体を疲労回復し、年末最後のやる気を出すために効くアロマオイルを紹介したいと思います。

1.すっきりして、さらに頑張りたい時のローズマリー

ローズマリーの精油は、リフレッシュ効果が高く、クリアでしみとおるようなハーブ調の強い香りです。
脳細胞を活気づけ、頭脳を明晰にして記憶力を増進させる効果があります。大脳辺縁系の海馬という記憶の座を刺激して集中力を高め、仕事の能率を高めます。また、血行を促進し、こりや痛みの原因(乳酸)を体外に排出させる効果もあります。
長時間の勉強や仕事がはかどらない時にデスク脇に香らせたり、けだるい朝や精神的に疲れた一日のしめくくりのバスタイムに使うのがおすすめです。

2.リラックスして、気分を高めたい時のゼラニウム

ゼラニウムの精油は、あまくて重くミンティーな含みを持つ、バラの様な香りです。
神経系の強壮剤になり、不安と抑うつを鎮め、精神を明るく高揚させてくれます。ストレスがかかると身体はなんとか元に戻ろうとして働きますが、その際に副腎皮質に大きな負担がかかります。ゼラニウムには、この副腎皮質に働きかけ、ここから分泌されるホルモンバランスを整える働きがあります。
また、ゼラニウムには老廃物を処理するリンパ系を刺激する作用がありますので、ホホバオイルなどの植物油に数滴たらしたマッサージオイルで、疲れてむくんだふくらはぎなどをマッサージしたり、足浴などに使用するのがおすすめです。

3.とにかくぐっすり眠って疲労回復!スイートマージョラム

スイートマージョラムの精油は、温かみがあり、かるくスパイシーでしみとおるような香りです。
神経系を鎮静する効果があり、不安、ストレスの影響を緩和してくれます。副交感神経のはたらきを優位にして、心身をくつろがせてくれるので、夕方から夜にかけて使うのが良いでしょう。呼吸を深め、こりを和らげてくれるので、深い睡眠が得られます。
ぬるめのお風呂での全身浴に使ったり、枕元に置いたティッシュに数滴たらして寝るのがおすすめです。深い睡眠から強壮へと、身体のエネルギーチャージを助けてくれる精油です。

おわりに

ゆったりくつろぎながら香りを楽しむことで、疲労やストレスを軽減し、リフレッシュ効果や気分転換をすることができます。ここにあげた3つの精油を単独で使うのはもちろん、ブレンドして使うのもおすすめです。またここにあげなかった精油でも、ご自身が心地よく疲労回復できる香りを探してみてください。
今年も残りわずか。疲れを溜め込まずに、すっきりと新年を迎えましょう。

(土田香織/ハウコレ)

関連記事