お互い好きなのに別れた経験のある人が80%以上!なぜ?


皆さんにはこんな経験はありますか?好きでも付き合えない人がいるなか、好きでも別れる人が80%以上いる。意外な事実ですよね。
「女子の本音」のこの問いかけへの回答を読んでいると、今も未練に思っている方も、遠い過去を懐かしく思っている方もいらっしゃいました。
そこで今回は、特に多かった好きだけど別れた理由を、5つご紹介いたします。

1.若さゆえ

「手に入ってると、だんだん飽きてきてしまって。 でも、いざ別れ話したら涙止まらなくて。」(16才/女性/高校生)
「もっと合う人が必ずいると思ってしまったから。でもすぐには現れなかったし、引きずって、後悔したので、次からは、好きなうちは別れない!」(21才/女性/大学生)

若い年齢は特に、思っていたのと違う!もっといい人がいるはず!と、さらに上を要求しがちのようです。無くなって気が付く大切さが身に染みたという経験を持っている人も多いのでは?理想通りなんてほぼいないので、妥協できるところは妥協するのがコツかも。

2.考えた末、苦渋の決断

「6年付き合った彼と、『嫌いじゃないけど、好きじゃない。』という理由がお互いにタイミングが合い別れることに!」(29才/女性/医療・福祉)
「何度か付き合ったり別れたりを繰り返していて、好きだけど、きっとタイミングとか合わないから結局上手くいかない人なんだと、お互いに冷静に感じるようになってしまった時。 今は、別の人と結婚して幸せをかんじており、因縁というものが、やっぱり人にはあるんだな、と、痛感している。」(33才/女性/官公庁)

長く付き合っていても、別れがくることもありますよね。じっくりお互いと向き合った結果、別れるという判断を下したという声。じっくり話し合った結果であることが多く、他の理由に比べて振り切れている人が多いように感じました。

3.遠距離になって

「海外長期駐在になったから。」(29才/男性/インフラ)
「遠距離恋愛をしていて、どちらかが仕事をやめないと一緒になれなかった。 私が仕事をやめたくなくて別れました。」(29才/女性/自動車)

物理的な距離は、心理的な距離につながるのか、このような大きな節目で別れを決意する人も多いですね。遠距離になったときに続くか否かは大きな分かれ道です。

4.立場的に付き合えない

「相手が既婚者だった。誰一人幸せにはなれないと思い別れた。」(35才/女性/その他)
「中学のときの先生で 、お互い好きだったけど 先生の立場もあるし、別の学校へ異動だったので 好きなまま別れました。」(16才/女性/高校生)

既婚者との不倫関係のほかに、先生と生徒という漫画のような話が、いくつか出てきて驚いています!青春っぽいですね!幸せになれるか否か、冷静に判断してみましょう。

5.結婚観の違い

「結婚願望の強い年上彼氏だったけど、私は結婚とか考えられなくて、彼には早く結婚して幸せになってほしかったから別れました。」(25才/女性/フリーター)
「結婚したいタイミングが違った。年齢を考えると私は待てなかった。最後まで、好きなのに…と言っていた彼氏ですが、結婚するほど私のことを好きではなかったんだなーと。」(29才/女性/医療・福祉)

結婚観の違いは大きいですね。結婚したいなというタイミングが合うか合わないかは運命の分かれ道です。こればっかりは付き合ってみないと分かりませんね。

おわりに

印象的なのが「わからん」(14才以下/男性/高校生)という意見。「好きだけど別れたい」なんて言われたら「意味わからん」というのが言われた側の本音でしょうね。別れる理由は人それぞれですが、恨み合いのない別れ方ができればいいですね。

(松宮詩織/ハウコレ)