2013.12.29

ウソ?ホント? 恋愛における4つの神話


運命の人、赤い糸、ソウルメイト……そんなふうに、恋愛には様々な神話があります。そこには、あたかも本当にように語られてきた内容もあるでしょう。きっとあなたも心の奥底で「ウソじゃない?」と疑ったこともあると思います。今日はそんな「恋愛の神話」にメスを入れていきたいと思います。

1.運命の人は誰にでもいる

よく「運命の人は見れば分かる!」と思っている人がいますが、そもそもそれはどこから来た観念でしょうか? 最初は運命の人だと思っていても後で「違うかも……」という体験をしたことがある人が、大勢のはずです。そう、運命の相手は最初はそう感じるかもしれませんが、あとで普通の人になってしまうのです(笑)

ですので「運命の人は誰にでもいる」というのは半分ほんとです。まず、普通に生活を送る人には誰でも恋人を作るチャンスがあります。そうして、付き合う人を運命の人にするかどうかはその人自身にかかっているからです。

更に言えば、あなたと付き合う人は全て「運命の人」と言えます。日常生活で、道を歩いていてすれ違う人はどれくらいいますか? 恐らく、数えきれないくらいいるでしょう。そんな中で、本当にすれ違うだけの人もいれば、同じお店に寄って席が隣になる人も、偶然、職場が同じ人だっているでしょう。そう考えると、あなたの人生で登場人物は沢山いるわけです。

しかし、実際に付き合うという縁まで発展する人は、限られた数ではありませんか? それだけ、あなたと付き合う人というのはかなり縁が濃い人というわけです。今恋人がいる人はぜひ相手を大切に、そして今恋人がいない人は、これからの出会いを大切にしてください。

2.運命の人とは喧嘩をしない

ものすごく気が合うから、喧嘩なんて絶対しない! と思いたいのは分かります。しかし、喧嘩をしないということは、それだけ本音でぶつかることができない仲とも言えます。

運命の相手が、あなたの期待を全て叶えてくれる人だとしたら、ものすごくつまらないと思いませんか? よく「優しくて良い人なんだけど、物足りない」と言われる人と似ています。そこには激しく惹かれ合うこともなければ、相手のことを思ってひとり寂しい夜に泣くというような、ドラマが無いわけです。

今付き合っている恋人と喧嘩をして、落ち込んでいる人には朗報でしょう。あなたが正直に気持ちをぶつけることのできる相手は、まさしく運命の人と言っても良いわけだからです。

3.見た目が良いとモテて最高

これも半分ほんとです。しかし正確に言えば、見た目だけでモテる人には苦労もあります。私の知り合いでモデルの女性がいますが、とにかく男性が自分のことを見た目だけで判断して、深く内面まで想ってくれる人がいないと言います。実際に男性と付き合ってみても、あまり深い仲にはならないと言うのです。相手の男性が、そのモデルの女性の内面まで入りこむという、気持ちが感じられないそう。

あなたの周りに、モデル並でないとしてもモテる友達はいませんか? また、男女関係は本当に不思議なもので、それぞれ好みが全然違います。世間的に望ましいとされる外見が、必ずしも皆の好みであるとは限らないのです。

ですので、あまり外見だけにとらわれて「恋人ができる・できない」を考えるのも賢いとは言えません。私が結婚相談所に勤めていた時も、見た目の良い会員さんが早く結婚したかというと、そうではありませんでした。

4.絶対に浮気する人と浮気しない人がいる

どんな人にも、すべての要素があります。可愛さ、カッコよさ、綺麗さ、臆病さ、誠実さ……。0か100ということはなく、それぞれの要素が小さかったり大きかったりするだけなのです。ですから「この人は絶対に浮気しない!」とか「絶対に浮気する!」とか決めつけないようにしましょう。どのような人でも、浮気をする可能性はあります。

でもそれは、決して悲しいことではありません。そうした可能性があるからこそ、あなたは恋人が浮気をしないように努力をする必要性が出てくるわけです。どんな人でも浮気をする可能性はあれど、あなたの努力次第でそれは限りなく0に近づけることができます。また、彼が他の異性と一緒にいた場合、あなたは嫉妬するでしょう。そうした一見マイナスに見える感情も、彼からすれば愛おしいものでもあります。

あなた自身も、浮気をする可能性があることを覚えておいてください。すべての人の中には、天使と悪魔が存在するのです。それを忘れずに生活していれば、ふと悪魔の声が聞こえてきた時に、その声に対して冷静に対処できるものです。

おわりに

恋愛に関する神話は、この他にも沢山あるかと思います。その神話をうのみにして、自分の恋愛をストップさせてしまうかどうかは、あなた次第です。どんな神話があったとしても、自分の恋愛道を貫く! それぐらいの気持ちがあれば、あなたの望む恋愛が行えるのだと思います。

(今井翔/ハウコレ)

関連記事