2013.12.30

電気を消さないエッチの醍醐味・5選


あなたはエッチのときに電気を消す派ですか、それとも消さない派ですか。恥ずかしさもあるので通常はうす暗くしたお部屋でエッチをする人が多いと思いますが、一部のカップルには電気を消さないエッチを楽しんでいるケースもあるようです。そんなドスケベなカップルたちに聞いた、明るいお部屋でセックスする醍醐味をシチュエーション別にご紹介します。

1.ラブホ編

セックスに対して全力で積極的になれる場所、それはラブホテルでしょう。ラブホに入る時の、どこか後ろめたい気持ちが快感を増加させるのかもしれません。

「彼とのエッチ場所はラブホを愛用しています。最近、あえて電気を消さずにエッチすることにはまっています。明るいラブホの部屋でエッチな格好をさせられて、彼にじろじろ見られると濡れてきます」(21歳/女性/学生)

どんなに感じてしまっても、ラブホだったら周りを気にせずに思いっきり声も出せますね。

2.リビング編

あえてベッドルームを外すのも刺激的です。リビングを見渡せばソファーやイスなど、ベッドがわりに使えそうな家具もそろっています。

「私のカレは既婚者。カレの家のリビングでこっそりエッチしたら刺激的でした。ハッキリ言ってクセになりそう。カレの家族がいないときにまた遊びに行きます」(25歳/女性/飲食店勤務)

不倫相手のリビングでエッチするとはなんと大胆なのでしょう。あんまりクセになりすぎて、ご家族と鉢合わせしないようにしてくださいね。もちろん普通のカップルでも、普段生活をするはずの場所でのエッチはなんだかイケナイ事をしているような感覚を味わえますよ。

3.シャワールーム編

シャワールームも電気を消さないエッチに向いている場所といえます。熱いシャワーを浴びながら、狭い空間でお互いの体を密着させれば新感覚のエクスタシーが得られるかも。

「明るいシャワールームでのセックスに興奮します。鏡もあるので視覚的にもすごくエッチです」(23歳/女性/人材派遣会社)

終わった後もそのままシャワーでさっぱりできますね。二人で洗いっこしてキレイキレイしましょう。

4.ベランダ編

普通のエッチに飽きたお二人は、屋外エッチぽいことに挑戦してみてはいかがでしょう。マンションの高層階から下界を見下ろしながらするベランダエッチが病みつきな女子もいます。

「ベランダに手をかけてバックでカレからガンガンに突いてもらえば、日頃のストレスも吹き飛びます」(25歳/女性/ショップ勤務)

風邪を引かないように気をつけてくださいね。ちなみに、人に見られた場合は通報される可能性もあるので、そこらへんは自己責任ですよ。

5.キッチン編

最後は明るいキッチンでセックスするのもよいでしょう。ただし、刃物はしっかり仕舞ってくださいね。

「キッチンでセックスする時は、エプロンを着用するとより燃えます。明るいキッチンとエプロンの組み合わせで、何だかお嫁さんみたいでしょ」(20歳/女性/専門学校生)

男女はキッチン&ベッドで決まります。食と性は共通していますので、二人の中がより深まるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。セックスがマンネリ気味だと感じている二人は試してみては。さあ、明るいお部屋でレッツプレイ。

(沖合はるか/ハウコレ)

関連記事