2014.01.01

「私ってどんな人と付き合ったらいいの?」が分かる4つの質問


色んな人と付き合ってみたけど、どうもうまくいかない。自分はどんな人と付き合ったらいいんだろう? そんな風に、自分に合った恋人の条件が分かる簡単な質問があります。下に書いてある質問を自分にすれば、ある程度「こんな人と付き合うことができたらいいかも!」という像が見えてくるでしょう。

1.どんな特徴のある人がいいだろう?

特徴とは、外見だけでなく内面についても言えます。この段階では「優しい人が良いとは思うけど、それでもうまくいかなかったしなぁ」などと、過去の経験とは照らし合わせないこと。あくまで、今のあなたの感覚を大切にして、質問に答えていきましょう。ノートが近くにあれば、ぜひ書きとめていってください。

身長が高い、経済力がある、誠実、車を持っている……何でもOKです。世間的に見て「これは高望み過ぎでしょ!」というのも、どんどん書いていってください。あくまで自由に。制限なく楽しんで書き出していきましょう。

2.どんな特徴のある人が嫌だろう?

今度は反対に「こんな人だけは嫌!」というのも書いてみましょう。浮気をする、家が遠い、オシャレじゃない……何でもOKです。こちらも制限なく、自由にどんどん書いていってください。

恐らく「どんな特徴のある人がいいだろう?」で書いた項目の、反対となる特徴が書き出されると思います。また同時に、思いも寄らなかった項目が出てくることもあるでしょう。面白いことですが、実はこの「どんな特徴のある人が嫌だろう?」で書いた項目そのままの人と、なぜか付き合っている人がいるということです。

頭では嫌だと考えていても、ついつい心惹かれてしまうということもあります。ですが、もし本当に嫌であればその項目を持つ人は、避けた方が賢い選択です。

3.どんな人が私に合っているだろう?

今度は、直感で答える質問です。今の自分にふさわしいと思うような相手を、思い浮かべてみてください。どんな人が思い浮かびますか? 外見は? また、どんな口癖を話す人ですか? どんなところでふたりはデートをしますか? ここで思い浮かんだような人と、これまで付き合っていたかもしれませんね。

イメージしたような人は、今のあなたが1番引き寄せやすい人になります。ですから、もしそれでOKであれば、出会いを楽しみに待ちましょう。逆に嫌であれば、そのイメージを変えていく必要があります。イメージを変える方法としては、さっき書いた「こんな特徴を持った人がいい」という人にふさわしい自分へと、日々近づけることが鍵となります。すぐにそれはできるとは限りませんから、少しずつで大丈夫です。

4.どんな人が私に合っているか教えて!

上の質問と似ていますが、今度はあなたの友達に聞いてみるということです。意外かもしれませんが、あなたに合う人は自分よりも友達の方が分かっていたりもします。では、最近知り合ったばかりの友達と、すごく仲の良い友達ではどちらに聞いた方が良いのでしょうか。

オススメとしては、すごく仲の良い友達とまったくの初対面の人。このふたつのタイプの人に聞くことです。まったくの初対面の人とは、例えばカフェやレストランの店員さんということです。あなたに対して何の情報も持っていませんから、とても直感的に、そして意外な答えを出してくれるので新しい道が開けやすいです。

すごく仲の良い友達は、言うまでもなく冷静にあなたを見てくれています。良い面も悪い面も知り尽くしてくれていますから、とてもバランスの取れたアドバイスをくれるでしょう。

おわりに

いかがでしたか? ここでイメージできた「こんな人と付き合いたい」という像は、ぜひ周りの友達とシェアしてください。「こんな人いない?」と紹介もできれば頼んでみましょう。案外イメージにぴったりの人はいるものです。もちろんその時に、紹介されるにふさわしい自分になっている必要もあります。思い描く素敵な恋人をゲットするために、自分磨きもどんどん進めてみてくださいね。きっとその先に、あなたに合った恋人が待っているはずです。

(今井翔/ハウコレ)

関連記事