2014.01.01

神様も猛プッシュ!?初詣に行った瞬間から友達が彼氏になるモテテク・5つ


あけましておめでとうございます。今年も、あやしくも実用的なモテテクをご提供できればと思います。

さて、新年一発目は、「初詣」がテーマです。お正月の三が日に行かれる方が多いかと思いますが、別に何回行ったっていいんです。なので、気になるカレとお参りに行くときは、毎回、初詣の気分になってやってみてくださいね。

「お賽銭箱に入れない」

新年一発目のお参りなのに、投げたお賽銭が賽銭箱に入らなかったら、少し落ち込みますよね。でも、そんなドジッ子なあなたにカレはキュンキュン。だったら、あえて外してみましょう。二回目を投げるときには、「投げるの手伝って」と言うのを忘れずに!手を取り合って愛のアンダースロー。そんな風に新年早々に共同作業をすれば、ふたりの距離もぐっと縮まること間違いなし。

「長めに参拝」

3分ぐらいお参りしましょう。一説によれば、お願いをするときは、「●●できました。ありがとうございます!」と、叶った前提でお礼を言うといいそうです。また、神様も色々な人が来るので、住所もしっかり告げた方がいいんだとか。この際、間違いが起きないように、事細かに個人情報を伝えておきましょう。名前、住所、生年月日、いまの仕事、年収、借金の有無など、クレジットカードの申し込みをするぐらいの勢いで、しっかりと伝えるとだいたい3分ぐらいになります。きっと、カレは「何をそんなにお願いしてたの?」と聞いてくるので、「秘密」と、笑顔で返して。きっと、自分たちのことだと勘違いしてそわそわしちゃうから。

「おみくじは仕事欄に便乗」

メンズは基本的におみくじの内容にあまり興味がありません。それでも気になるのが「お仕事蘭」。内容いかんは置いておいて、書いてあることに便乗しましょう。「大願叶う」とかなら、「絶対その通りになるよ!」と、背中を押して、「困難多し」とかなら、「私がいるから大丈夫!」と、自分が味方だということをアピールしましょう。どちらにしても、“自分のことを真剣に考えてくれる子”という印象を与えることができます。

「巫女さんになりたがる」

授与所でお守りや縁起物を買うことになったら、「巫女さんの格好してみたいなぁ」とつぶやいて。きっと、カレは少し照れた表情になるはずです。それもそのはず、巫女さんの正装はノーパン・ノーブラです。理由は知らないけど、そうゆうものとして大多数の男は認識しています。無邪気なことを言うあなたの横で、「巫女さんの格好がしたい=ノーパン・ノーブラになりたい=裸になりたい」と妄想が膨らんだカレは、ドキドキを隠すことに必死になっているはずです。あと一押し!

「階段でふと立ち止まる」

帰りの石段の途中で、「あっ」と言って立ち止まりましょう。ここで、神様のいたずらがあれば、振り向いたカレと偶然キスができるかも。万が一そうならなくても、上目づかいで、「今年もよろしくね」と、ほほえんで。階段を下りてる心拍数の高鳴りを、恋のドキドキと勘違いしちゃう、通称“石段効果”で、カレのハートはあなたのもの間違いなし!ラブラブな1年のはじまりだぁい!

まとめ

年明けは、何かと「初●●」や「●●はじめ」の機会が多いことと思います。ちなみに、いわゆる「姫はじめ」って暦で決まってるって知ってました?答えは、1月2日なんです。元日に初詣に行った流れでお泊りしちゃうとちょうどいいってことなんでしょうか。あわせてお試しあれ。

新年早々、神様を冒涜するようなことを書いてしまいましたが、今年は、馬年だけに、馬が合う恋人が見つかればいいなぁなんて思っております。どうか神様、うまい具合に宜しくお願いします。

(高尾龍一/ハウコレ)

関連記事