2014.01.02

1月は「陰ながらのお・も・て・な・し」ができる女が愛される理由


一年の始まりの月、1月。1月は「集団を統率する」エネルギーを持つ山羊座の誕生月です。この時期の占星術的過ごし方のコツを伝授いたしましょう。旬な星座のエネルギーを知って、周りの人よりも一歩、デキる女に!?

山羊座は、「安定感があり、頼られやすい」地の星座

12星座は4つのエネルギーグループに分かれており、山羊座は地のグループ(牡牛座・乙女座・山羊座)に分類されます。地のエネルギーは、植物が根をはる土を連想して頂ければ分かりやすく、何かを「育む」ことに適性があります。また、四大元素の中で唯一「重さ」がある存在です。(水も重さはありますが、水蒸気になったりして形が安定しません)そのため、「どっしり」とした芯のある印象を与えます。安定感があるので「頼りになる!」と慕ってもらいやすいグループです。

山羊座は、ズバリ「決断&全体を統率する」星座

山羊座の守護星は土星といって、「固める」性質を持ちます。そして山羊座は曖昧なことを好まない傾向があるのです。スピード感を大事にする活動宮に所属していることもありますが、非常に活発で決断力があります。そのため、恋の答えも急いてしまい、「私は彼女なの!?友達なの!?」と恋の駆け引きムードを台無しにして先走り、相手を糾弾してしまうような一面もあります。ですが、基本的に決断力とそのスピードはお仕事では吉と出て、次第に部下を従えて動かしているような人物になったりします。まるで岩肌をガツガツ上り、高い所が好きな山羊そのもの!

1月は「陰のリーダーシップを発揮する女」が愛される!

白鳥は優雅に湖の上を滑っているように進んでいるように見えても、実は水面下では懸命に水かきを動かしています。世の中には華やかな物事が溢れていますが、その結果に辿り着くまでには「陰での努力」が必ずあるはず。1月は派手なことを好むよりも、「陰ながらコツコツやって将来に繋がること」「自分自身が目立つよりも、集団に貢献してためになること」を突き詰めてみましょう。そうすれば、巡り巡ってあなた自身の評価が上がり、恋愛も仕事も良い循環が生まれるでしょう。

「誰でも参加可能な新年会」の幹事を主催してみて

例えば、飲み会やイベントの幹事などは準備・段取りが面倒くさいものですが、そういった役割を率先してやってみては?「主催してもらって騒ぐ側、サービスを受ける側」ではなく、「陰ながら会を支えてサービスする側」になるのがおすすめです。皆の楽しみにために翻弄するあなたの姿を陰ながら見ていてくれる男性がいて、声をかけてくれるかも!

サービスしただけ自分に跳ね返ってくる

「陰徳を積む」という言葉がありますが、これは「表立ってではなく陰ながら善い行いをする」ということ。山羊座の季節は結構地味ですが、たまには陰役も良いかも知れません。いつか自分のした行いの対価が跳ね返ってくることを密かに信じて☆

(アイビー茜/ハウコレ)

関連記事