2014.01.02

女子がうっかり騙されちゃう「男子がエッチしたいとき」の言動・4選


多くの肉食系女子がご存知のとおり、男子は「この女子となんとしてもエッチしたい!」と思ったときには、ときどきものすごいウソをつきます。
「オレ、フェラーリに乗ってるから、付き合うようになったら一緒にドライブ、どお?」というようなお金に関するウソから、女子が思わず本気にしてしまいそうな愛に関するウソまで、いろんなウソのパターンを男子は持っています。
今回は、愛に関するウソのなかでも、女子が「あたし愛されてる?」と勘違いしがちな男子がエッチしたいときの言動について、勘違いしてしまった女子大生何人かにご意見をいただきました。
さっそく見ていきましょう。

1.「めちゃかわいいね! 付き合ってよ!」

「わりとイケメン系の肉食的な男子に、終電間際から『めちゃかわいいね! 付き合ってよ!』と100回くらい言われて、そのときは『こんなに愛してくれてるんだ!』と思っていざホテルへ。
まあまあのエッチと、翌日から彼のケータイが音信不通という憂き目を見ることに」(20歳/大泉学園在住)

定番のパターンとして、雑誌やネット上でこの手の男子はよく紹介されていますが、被害者が減らないのはなぜなんでしょうか?「かわいい」という言葉の魔力なんでしょうか。

2.「〇〇ちゃんの好きなことすればいいよ」

「男友だちに悩み相談をしていたときに『〇〇ちゃんの好きなことすればいいよ』と言われて、今までそんなことを言ってくれる人っていなかったので(親も厳しかったし)、あたしのこと愛してくれてるんだ! と思ったのですが、ただエッチしたいだけでした……ということがわかったのは半年も付き合ってからのことですが」(21歳/江古田在住)

この「〇〇ちゃんの好きなことすればいいよ」という言い方は、女性をうまく使いこなす男子の常套句ですよね。女性が多い職場の男の上司は、ときにこういう言い方をして女子を「その気に」させるのだそうです。気をつけたほうがいいでしょう。

3.ドアを開けてくれる

「出会ったその日から、居酒屋のドアや車のドアなど、ことごとくドアを開けてくれる男子がいました。ドアを開けてくれたらなぜかお姫さま気分になって、そのままずるずると……。やり逃げされました」(24歳/洗足在住)

これも女子を「その気にさせる」定番ですよね。ドアを開けてくれてもお姫さま気分に浸ってはヤバイことになる(女子が損をする)こともあるということを知っておいたほうがいいかもしれませんね。紳士的な行動をする人が、必ずしも素敵な紳士とは限らない、ということです。

4.コンビニダッシュしてくれる

「彼とはなんでもない普通の飲み友だちでした。友だちの紹介の紹介で出会った人でした。BBQのときとか、宅飲みのときとかに、あたしが『コンビニ行ってくる』と言うと、決まって彼が『オレが代わりに行ってきてあげるよ』と、コンビニダッシュしてくれました。多い時は1日に3回くらいダッシュしてくれて、ちょっと惚れて、ヤってしまいました。
が、あとからヤリたかっただけだと判明しました」(25歳/高円寺在住)

女子は「あたしのために尽くしてくれた」という感覚に弱いのでしょうか? これも「安くヤられてしまった悪しき例」ですよね。金がない男子は知恵を使うということを知っておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?
ヤリたいと思っている男子は、どこにそんな知恵と情熱を隠し持っていたのかと思うくらい、とんでもないことをとんでもないタイミングでやってのけて、女子はそれがうれしくて、思わず……ということになったりしますよね。
そんなヨコシマな考えを持つ男子に対抗しようと思えば、チヤホヤされても気を確かに持つ、つまり自制心を養うしかないかもしれません。が、自制心があると恋愛ってわりとツマラナイものになったりするのですが、さてどうしますかね。
ちょっと後悔したとしても、騙し騙されているうちが、人生楽しいのかもしれません。大きな傷を背負わない限りにおいてね。

(ひとみしょう/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事