2014.01.05

彼の身も心もトリコにする「エッチ中の焦らしテク」・5選


究極のベッドテクニックは「焦らす」ことにつきるといえます。ベッドでは男性の思い通りに事を運ばせず、すべてをあなたのペースでコントロールする焦らしのテクニック。これさえ身につければ、彼は身も心もアナタのもの。彼をトリコにする焦らしテクニック5選です。

1.遠巻きにソフトタッチ

腕や足首などから体の中心に向かってソフトにタッチしていくテクニックです。心臓に遠い部分から徐々に体の真ん中へタッチしてゆくことで、性的高揚感を与えます。

 「エッチに入る前に彼女に焦らされるように体をさわられるとすごく興奮します。いきなり行為に入るより、勃起しやすくなりますね」(27歳/男性/金融)

じわじわと攻めていくことで、彼の興奮度もどんどん上がります。
ベッド上でのイニシアチブを取るためにも、行為に入る前からあなたがリードしましょう。

2.乳首は残しておく

乳首ナメのときのワンポイントテクです。彼の乳首にいきなりむしゃぶりつかずに乳輪の周りからじわじわと攻めてゆきます。

 「カノジョの乳首舐めのテクニックが最高です。乳首のまわりから円を描くようにして舐められると、ついよがり声が出てしまいます」(26歳/男性/ウェブ制作会社)

女子も乳首を焦らされるとついつい声が出ちゃいますよね。男性だってそれは同じなようですよ。

3.根元までくわえない

フェラチオテクニックにも焦らしが必要です。全部を口に含んでしまうと色気がありません。バクっと全部いくよりも少しずつゆっくりとテンポよくおしゃぶりしましょう。そのとき、上目遣いを心がけると男性はより興奮します。

 「上目遣いでゆっくりとペニスをしゃぶってくれる彼女が可愛すぎて手放せません。もう離れられません」(23歳/男性/情報通信)

上手なフェラは彼の浮気防止にもなりそうですね。

4.彼のペースで挿入れさせない

挿入の時こそあなたが彼をリードしましょう。挿入のタイミングはもちろんあなたが決めます。

「私から『いいよ』と言うまで入れさせません。男性は付き合いが長くなると、前戯もそこそこにすぐに入れたがりますから」(25歳/女性/家電メーカー)

彼に対してここまで強気にでられる女子は尊敬します。ベッドでの女王様ぶりが目に浮かぶようですね。

5.イカせない

究極の焦らしテクニックは彼をイカせないことです。イケないことが癖になり、より強い快感を覚える男性もいます。じっくりと調教すれば面白いでしょう。

「ここ数回のエッチは、彼をイカせないようにしていたら彼から泣きながら『イカせてください』とお願いされました。カレを支配できた気がして超快感です」(24歳/女性/ショップ店員)

なんとドSな焦らし方なのでしょう。男子に対する究極のいじめ方みたいでちょっと興奮してきてしまいますね。

おわりに

焦らすという行為は、お互いに最大の快感を引き出せる可能性を秘めたテクニックです。大人な女子なら覚えておいて損はありません。あなたも、より効果的な焦らし方を身につけて、男性をトリコにしたいものですね。

(沖合はるか/ハウコレ)

関連記事