2010.07.02

ブライダルフェアめぐりに出かけよう

結婚を考えているふたりが足を運ぶブライダルフェア(以下、BF)。
特に結婚式が開催される数が減る夏は、挙式会場が空いている、
つまり大規模なBFが開催される時期なんですよ。
効率よくBFをめぐるコツをお伝えします。

そもそも、BFって?

ホテルやゲストハウスなどの結婚式場が、これから結婚するカップルのために催すイベントです。

実際にモデルを使って模擬挙式をしたり、模擬披露宴をしたり。
ときには披露宴で出すメニューの試食、ウエディングドレスの試着もできます。
ドレスショップが新作ドレスのファッションショーをしたり、ジュエリーショップがお得にリングをゲットできるフェアを設けたりする場合も。

内容は開催場所によって大きく異なるため、申し込む際にチェックしてください。

まずは、知りたいことをリストアップ

フェアに行くと、必ずといっていいほど「招待客の数」「予算」「どんな式にしたいか」を聞かれます。式のイメージが全然できていない場合でも、おおよその招待客数だけでも想定しておけば、
それに応じたプランを紹介してもらえます。

「フラワーシャワーは絶対したい」、「年配のゲストのため料理は和食にしたい」など、
希望はあらかじめメモに書いて用意しておくと、聞き洩らしが防げるし、
後に別の会場と比較もしやすいですよ。

当日の服装はキレイめで。カメラは必須!

婚礼儀式を行う場所に行くわけですから、ジーパン、サンダルといったカジュアル過ぎる服装はNG。
とはいえ、広い会場を歩きまわることになるので、
オシャレをし過ぎて歩きづらい靴をチョイスするのも控えた方がよいでしょう。

女性は、ドレスの試着をするなら着替えやすい服にしておくのがマナー。
挙式当日をイメージできるようメイクもしておくほうがいい。
資料をたくさんもらうはずなので、バッグは大きめを用意するといいですね。

当日の持ち物は、筆記用具と電卓、カメラ、あればBF情報が記載された資料も。
カメラ撮影は、意外としている人が少ないため「NGかな」と不安になりがちですが、
大抵のBFは撮影がOKなはず。
不安な場合はスタッフに確認を。
人の記憶は曖昧なので、きちんと写真に撮っておきましょう。
後日、会場の取捨選択をする場合に大いに役立ちます。

基本はカップルで参加、1人、もしくは親と一緒でもOK

フェアへの参加は、カップルが基本。
会場の情報を共有できるし、模擬挙式や模擬披露宴を見ながらどんな式にしたいのか相談できます。
華やかに彩られた会場で同じ時間を共にすることで、結婚へのテンションアップも望めます。

お互い忙しくてスケジュールが合わない、遠距離のカップルなどは親と一緒に行くのがオススメ。人生の先輩として、ふたりとは違った目線でアドバイスをくれるでしょう。

フルコースが無料で味わるという特典も

BFでは、実際に披露宴で出されるメニューを試食することができます。
金額も無料~500円と格安です。
他にも、キレイなドレスをたくさん試着できたりBFはお得な気分が満載です。
簡単なヘアメイクやネイルケア体験、自分に似合う色がわかるカラー診断、
フラワーアレンジの制作体験などのプチイベントを用意している会場もあります。。

早速お目当ての会場のBF開催日をチェックしてみてください。

関連キーワード

関連記事