2014.01.14

女子がドン引きした「彼氏のダサすぎるファッション」・5選


女性の愚痴や不満で出てくるのが「彼の服装がダサい」「性格はいいけど服は悪い」「ほんとイケてない」です。
家でまったりしている時は気にならなくても、デートの時はやはり相手の服装次第で気分が左右されたりするもの。今回ハウコレの行ったアンケート「彼のファッションセンスに満足してる?」では彼のファッションセンスに何らかの不満もっている人が約半数いました。デートの時にあり得ない服装やトンチンカンな格好してきたエピソード、また彼の服装で直して欲しいところをアンケート結果から探って見みましょう。

1. 色や組み合わせがチグハグ

・30半ばになる彼氏なんですが、おじさんになってしまう前に若者のファッションを楽しむといって、元々モノトーンがメインだったのを、色を入れるようになりました。ただ、組み合わせが最悪なんです!トップスは黄色の襟に原色の青と赤のボーダーのポロシャツ、ボトムは鮮やかなオレンジのハンパ丈のパンツ...デートで待ち合わせた瞬間Uターンしようかと本気で思いました。 (25才/女性/医療・福祉)

また、『デニムの上下を着てきた』『一つ一つの物は悪くないのに組み合わせが悪すぎてカッコ悪い』……と彼のコーディネートにダメ出しの意見は多数。
男性はトータルではなかなか見れないものです。

2.子供っぽい

・洋服のセンスが中学生。いや、今時の中学生の方がよっぽどいいセンスしてる。ってくらいとにかくダサい。どうしたらいいものか… (20才/女性/大学生)

年齢にそぐわない格好で恥ずかしいとの意見も目立ちました。
出かける場所や範囲も限られてしまうので女性にとってはデートの充実感も薄れてしまいがちに。

3.せっかくの旅行なのに

・普段から外見を気にしない彼。お金がかからなくていいなと思うようにしていたが、一緒にゲレンデに行った時にあまりにも昔のスキーウエア(しかも汚れている)を着てきて二度と一緒に滑りたくないと思った。好きな気持ちも半減した。 匿名希望 (28才/女性/その他)

遠出のデートや旅行でのガッカリ度は非常に高いです。彼の服装のせいでワクワクウキウキしていた気持ちも一気に吹っ飛び、さらには彼へのテンションもさがってしまうこともあります。

4.毎回同じ服

・一年中シャツしか着ない。細身のパンツしか履かない。 キレイめだと思ってる。見飽きた~。 (23才/女性/美容)
・毎回同じ服着てくるんです! デートの時も、みんなでカラオケの時も、 家で遊ぶ時も! 言いたくても言えないので、 続いちゃってます(笑) (21才/女性/美容)

服のレパートリーが少なく、あまりにワンパターンな服装で呆れている女性の声も見られました。
男性は気にいるとひとつのものばかりに執着しまいがち。飲食店でも毎回同じものを頼むのも安心感からです。あまり冒険したくないのが男なのです。

5.母親の買ってくる服

・職場での格好はお洒落なのに、私服が微妙な彼。 休日に会うと、ゴルフでおじさんが着るような微妙な柄のテカテカポロシャツや、その柄なに?!と言いたくなるようなニットを着て来るので毎回色んな意味でドキドキしながら会っていました…。 (中略)
職場はワイシャツと決まっているから自分で買うけど、私服はこだわりがないので母親が購入してくれるものを着ているとのこと…だからおじさんっぽい服が多いのか!と納得。… (29才/女性/通信)
・チェックのシャツと、釣りするおじさんみたいなベスト....... (22才/女性/フリーター)

オッサン臭い服装をしている男性は意外と母親が購入していることが判明。
だから時代遅れなのは当然です。
しかし、母親が買い与えられたものを素直に着ているという点では自分なりのこだわりやポリシーがあるワケでないので改造の余地が十分にあります。

最後に・・・

女性はお洒落をしてきても、男性はなかなかTPOに合わせることができません。
なぜなら、男性は“人からどう見られるか?”を考えないからです。場の雰囲気やシチュエーションよりも自分の着たい服を選ぶからです。
一方、女性は人に見られている事を前提に服を選び、“自分がどう見られているか?”を念頭においていつも周囲の目を気にしている……という習性があります。
自分の思い込みだけで服を選ぶ男性はちょっと間違うと、とんでもないセンスになってしまいがち。
人の目を意識できる女性がうまく指導して改善していく必要があるでしょう。

(神崎桃子/ハウコレ)

-------------------------------------------------------------------

【アンケート概要】
実施アンケート:彼のファッションセンスに満足してる? 
方法:ハウコレサイト内アンケート
期間:2013年12月28日~2014年01月04日
対象:合計224名

関連記事