2010.07.06

子供との夏休みを充実させよう

もうすぐ夏休み。
せっかくの休みだから楽しい思い出をたくさん作りたいですね。
でも、毎日毎日お出かけしていては、懐具合が心配です。

どうしたらお得に、記憶に残る充実した夏休みが過ごせるのでしょうか?


予定のない日をピックアップ

夏休みとはいっても、最近の子どもは忙しいですね。
おけいこ事、学校行事、お友達との約束、家族旅行……
実は一日あいている日は少ないものです。
予定のない日を確認しましょう。

子どものリクエストを受け付ける

親目線と子ども目線では、いい!と思うものも微妙にすれ違います。
子どもはどんなところに行きたいのか、どんなことをしたいのか、
ある程度の年になったら、子ども本人に考えさせてみましょう。

興味にあった施設を探す

子どもが小さいうちは、親が日々の生活から興味のあることを探してあげましょう。
気をつけたいのは天候。
夏だと屋外の施設は体力的に辛いことがあります。
雨でも、晴れでも差し支えない屋内の施設を中心に考えていくといいでしょう。

公営の博物館・水族館といった施設は入場料もお安いうえ、
地域の小・中学生は無料ということもあり、おすすめです。
大人しく見学できるようであれば、美術館にも足を運んでみたいですね。

お得な講座をさがす

博物館、水族館などを探すときにはインターネットだと旬の情報が多くて便利です。
夏休みは子ども向けの公開講座を行う施設が多いことをご存知でしょうか。
夏休み前の6月から7月上旬にかけて、講座の募集が集中しています。

例えば、葛西臨海水族園では宿泊体験の講座を、
上野動物園では飼育員の体験ができるサマースクール受講生を募集しています。

イベントをまとめたサイトを参考にするのもいいでしょう。
⇒例えばこちら

施設を検索した際には、注意して講座の有無を確認してみてください。
往復はがきでの応募もあるので、何枚か手元に用意しておくと申し込みがすぐできて安心ですね。

工場見学に行こう

工場見学は無料で楽しめて勉強にもなり、人気です。
やはり人気の工場は予約も早くうまってしまいがち。

お目当ての企業のホームページを検索し、申し込みをしましょう。

地元に目を向ける

夏休みのお出かけで意外とばかにならないのが交通費。
地元に目を向けると交通費を押さえられ、低予算のお出かけを楽しめます。
児童館、図書館といった公共施設で行われているイベントはありませんか?
見落としのないようにしましょう。

前売り券を手に入れる

昆虫、恐竜、映画など、子どもなりに情報をキャッチしているものですが、
家族で出かけると結構な出費になりますね。
これは!とおもうイベントは前売り券を買っておきましょう。
金券ショップを活用すると、さらにお安く手に入ります。

おみやげ

お出かけの記念に子どもは買い物をしたがりますね。
おみやげ屋さんはいつも混雑しているものです。
毎回毎回、買い物をしていては時間もお金もかかるもの。
夏休みを通してのおこづかいを決めて、子どもに買い物の計画をさせるのもいいでしょう。

まとめ

親子で過ごす夏休みは何年もあるものではありません。
だからこそ、子どもとの思い出をたくさん作りたいですね。

準備万端で充実した夏休みをお迎えください。

関連キーワード

関連記事