2014.01.18

迫り来る不安と焦り!恋愛リア充の姿に発狂しそうになった時の対処法・4つ


久しぶりに会った友人。「最近どう?」と適当に話を始めて見ると、「彼氏できたんだー」という報告。昔は地味で全然モテなかったあの子が結婚することをFBで知る…自分の大切な人の幸せというのは、やはり嬉しいもの。とはいっても、自身の置かれた状況によっては「おめでとー!」と言いつつも心ではちょっぴり冷や汗が出るような感覚に陥る、そんな時もあるのではないでしょうか。

今回は、恋愛リア充な友人の存在に発狂しそうになった時の対処法をご紹介します。

1.「女子力高いごっこ」でモチベーション上げ

「ああー!てなったときは、女子力高いごっこですね。いい匂いの入浴剤でゆっくり半身浴して、お風呂上りにJUJUとか聴きながらパックしたりストレッチして、いい匂いのボディクリームを使います。女子力高い人になった気がして、なんかイケそうな気がしてくる」(23歳/メーカー)

真の「女子力高い人」は、こういったことを習慣化して続けている人。そこまで到達するのは、忙しさもあって案外難しいものです。でも、その日だけでもとにかく「女子力の高いケア」をすると「あれ?わたし女子力高くね?これイケるんじゃね?」な気分になることはできます。特に、日々怠惰な生活をしている人こそ普段の生活とのギャップを演出、味わうことができるので、効果が期待できるでしょう。

2.綿密な「恋活計画」を立てる

「いい人がいれば、とかじゃなくて、4月までに彼氏が欲しいから、1月はとにかく出会って、2月である程度絞って、3月で集中的に攻めていく、とか期間を決めた計画を立てました。友達に先を越されて、のほほんとしてるだけじゃダメだと気付いたんで」(21歳/事務)

それまで「彼氏欲しいねー」と軽い気持ちで一緒に話していた友人に、いわゆる「先を越された」状態になると、「希望を口に出すだけではダメ」という事実が突きつけられますよね。期間を決めた計画を立てることで、無駄な期間がなく効率的に恋活に励むことができます。また思い悩む期間が行動期間に充てられるため、一人二人遊んでくれる友達が減っても「なんか退屈…寂しい…」という期間もなくなり、さらに「自分は動いている」という自覚も生まれるため、前向きかつ真剣に恋愛に向かっていけるのではないでしょうか。

3.男女グループで遊ぶ

「学生時代から仲のいい友達と、男女関係なく大人数で遊びます。やっぱり昔からの友だちとパーっと遊ぶと楽しいし、恋愛も良いけど、友情っていいなあと思うので。一応、誰か紹介して、って言いますけど笑」(24歳/教育)

女子会もいいですが、やはり話がどうしても恋愛にシフトしがちなので不安や焦りが大きくなったり、彼氏ができて女子会メンバーが減っていく、という発狂要素も残されています。
「大学の友人は一生モノ」と、大学の卒業式で教授が話していたのが筆者の記憶にもありますが、やはり友情というのはいいものです。「男女の友情は成立するのか」という議論もあるかもしれませんが、ここは昔に戻って、バカ騒ぎしてみるのもいいかもしれませんね。

4.仮想恋愛に励む

「生産性がないことは分かってるんですけど…恋愛ゲームなら手頃にキュンキュンできるんで、とりあえず満足感はあります!時間つぶしにもなるし」(20歳/販売)

まず出会って、いいなと思う人を見つけて、アプローチして…ということを考えれば、確かに恋愛ゲームならかなり手っ取り早く胸キュンが味わえますよね。ただ「恋したい!彼氏欲しい!」というフラストレーションを解消するためにこうして恋愛ゲームをするのは、その場しのぎの痛み止めのようなもの。効果が切れた時の痛み、虚しさが以前よりも大きくなって帰ってくる可能性もあるので、注意が必要です。

おわりに

いかがでしたか?
「早く彼氏が出来た方が勝ち」でもなく、「早く結婚したほうが勝ち」でもありません。自分の幸せは自分だけが決めるのです!気を確かに持って、頑張って生きていきましょう!

(Sakura/ハウコレ)

関連記事