2010.07.06

ホステス直伝!「聞き上手」で気になる彼を落とす方法



美人でもないのにモテるホステスさんには、共通点があります。
今回はホステスさんから教えてもらったテクニックも含めてご紹介します。

美人といわれるのになぜかモテないあなた!

美人なのになぜか、モテない。そんな人は意外に多いのです。それは美人であるがゆえの自信があり、自分の話ばかりしてしまいがちだから。

自分にもはっと気づくようなところがある人は、まず聞き上手になってみてください。

自分の話をするよりも、相手の話を聞いてあげることが大事です。聞き上手になれると、仕事やアルバイトなど、彼の中でちょっと落ち込んだり、自慢したいことがあるたびに連絡が来る女になれます。

男の自慢話を上手に聞く

特に自分に自信のない男ほど、自分の知っている限りの難しい知識を女の子に、ひけらかし、そして褒められたい欲求が強く、やたらむずかしかったり、どうでもいいような知識を必死で話してきます。
そして『そんなむずかしいことを知っていてすごい人なんだ』そう思われたいのです。

男はプライドがとても重要ですから、自分に自信のある男の人でも、どんどん話させるととっても気分が良くなります。
相手を良い気分にさせるということは、あなたといて“楽しい、幸せ”といったプラスの感情を与えられることになります。

いつも彼の味方でいてあげる

すぐに敵とか味方とか区別して仕事をしている男性にとって“絶対的な味方”というのは、とても大事になります。なので、まず彼の話を肯定してあげましょう。

真っ向から否定をしてしまっては、敵になってしまいます。
彼に不快感を与えてしまう、彼にとって一緒にいてマイナスの感情を与えてしまう人になってしまうのです。これでは当然彼にとって、あなたは一緒にいたい人ではなくなってしまいます。

彼の話をじっくりきき、彼の価値観や考えに理解を示し、心から尊敬すれば、彼の中でのあなたの重要度はいっきにあがるのです。

上手なあいづちの打ち方

あいづちを上手にするのはなかなか難しいです。
うまくやれば相手は気持ちよく話すことができて、いろいろな話を聞き出すことができますが、へたな相づちを打つと、話すほうが不愉快になってきて、しまいには話す気がなくなってしまいます。

上手なあいづちとしては
  • 「うんうん」「それから?」とタイミングよく相槌を入れる。
  • 彼の話した言葉を繰り返す。
  • 話の腰を折らない、先走らない。
  • 感想は話しが終わってから伝える。
などがあります。

話を聞くときの表情

では、話を聞いているとき、どんな表情をすれば好印象を与えられるのでしょうか。
ポイントは2つです。

  • 顔を下から見上げるようなポジションで聞く。
  • 目が合えば微笑む。
話を聞くときは、かるく上目使いになるくらいがベター。
話の内容によって、笑いの度合いは変える必要がありますが、目があったときに微笑んであげるとあちらも安心して話し続けられます。

彼の重要ポイントを探る

彼はどこをほめてほしいのか?
彼が大事にしているものはどこなのか?
彼がこだわっているのはどのようなところなのか?

それらをじっくりと話を聞きながら見極め、彼のポイントを探り、さらっと彼を認め、褒めてあげるのです。

何回もそれを繰り返せば、あなたは彼にとって、必要な存在とステータスをあげられるでしょう。

さいごに

男性は基本的に「話したい」生き物。
上手に男性を立てて、ちやほやされるモテ女になっちゃいましょう。

関連記事