2014.01.21

恋の訪れを予言する!「恋夢占い」


1月2日の晩にみる夢が初夢。もちろん、その日だけでなく、人は毎晩夢をみています。恋したいあなたに、どんな夢をみたら恋がおとずれるのかお教えしましょう。

1.植物の夢

植物の夢はほとんどが恋の夢です。愛と美の女神ビーナスが愛したバラが恋の象徴として有名。赤いバラの夢をみたら恋の成就の予感。バラを贈られる夢は熱烈にアプローチされる予感です。他の花の夢もバラと同様、恋の訪れを予感させる夢です。
また、種の夢は新しい恋、花が咲く夢は恋の成就、実がなる夢は結婚や妊娠の暗示です。
ですから、果物の夢も恋の夢が多いのです。例えば、イチゴは愛の女神のエンブレムですから、恋の訪れを示します。ふたつくっついているさくらんぼの夢はカップル誕生の暗示。いちぢく、栗は官能的な恋の予感です。

2.行動の夢

夢の中での行動が、恋の訪れを表していることがあります。
ズバリ、「誰かを愛している夢」は、運命の出会いの予感。気になる人がいるなら告白してみることをおすすめします。

「雨宿りする夢」は情熱的な恋の始まりの予感。結婚へと発展する可能性も大いにあります。「目的地にむかってゆっくりと歩いていく夢」は恋の訪れの暗示。恋の扉があくのはもうすぐでしょう。「誰かに祝ってもらう夢」は恋が大きく前進する兆しなので、恋人がいるならゴールインの可能性が大きいです。

また、「写真を撮る夢」は新しい発見の暗示。今まで気付かなかった素敵な恋人候補が身近にいるのでは? 「異性を追いかける夢」は恋のチャンスの訪れを暗示しています。好きな人がいるなら迷わず追いかけていくべきタイミングです。
「洋服を買う夢」は、恋したいなら、もっと魅力的にみせる努力をしなさいという夢からのメッセージ。「好きな人に愛を告白する夢」はなかなか思いが伝わらないというせつない気持ちのあらわれです。

「見知らぬ相手や意外な相手に告白している夢」ならまもなく愛は叶うでしょう。意外な相手の場合、自分では気がついていない気になる存在なのかも。気持ちを伝えてみることをおすすめします。

3.人物の夢

夢の中にでてくる人物はすべてあなたの分身です。人物の中では、赤ちゃんの夢が一番幸運。赤ちゃんが夢の中にでてきたら、恋が生まれる予感です。
意外なところでは男性のみる妹の夢。妹は男性の夢の中では恋人の象徴。妹と仲良くしている夢は恋が順調に進んでいるということを暗示しています。
愛していると感じる夢は運命の出会いの予感なのですから、恋人の夢をみたら恋がうまくいきそうですが、実はそうではありません。相手がいない人が恋人の夢をみた場合は、それは単なるあこがれ。恋したい気持ちのあらわれです。
恋人がいる人が相手の夢をみたら、恋人への気持ちや不満などをあらわします。

では、どんな夢をみると恋の出会いがあるのでしょう。それは、王子様やお姫様の夢。王子様やお姫様は理想のタイプをあらわすので、知り合いになったり、おしゃべりしている夢をみたら恋の始まりは近いでしょう。「そんな夢なかなかみないわ」と思っているあなた。寝る前にみたものが夢の中に出てくることは多いので、王子様やお姫様がでてくる映画をみるのが一番。これを毎日続けていると夢の中に王子様やお姫様がでてくるようになって恋の出会いもどんどん近付いてきます。

おわりに

ここでご紹介している以外にも恋の夢はまだまだたくさんあります。それは次の機会にゆずることにしましょう。ひとつ言えることは、夢をみたときに嬉しい、楽しいと思ったらそれは吉夢、つまりいいことが起こる兆しです。
今夜、いい夢がみられますように。おやすみなさい!

(小泉茉莉花/ハウコレ)

関連記事