2014.01.22

さむーいこの時期にオススメ?!温泉旅行エッチの醍醐味・5選


みなさんはカレと二人きりで温泉旅行に行ったことありますか?経験済みの女子なら誰もが知っている、温泉旅行ならではのエッチの醍醐味があるのをご存知ですか。今回は温泉旅行エッチにはまっている女子に取材しました。それではどうぞ、さむーいこの季節に楽しみたい、温泉旅行エッチの醍醐味5選です。

1.逃げ場のない環境がたまらない

「温泉旅行のヘビーリピーターです。カレと二人きりで人里離れた温泉旅館の部屋に入っていく事を考えるだけで、アソコがじわっとしてきます。ほとんど病気かも」(26歳/女性/セレクトショップ)

雪深い温泉宿に一度入ると、翌朝まで逃げられませんからね。その環境で二人きりでやる事と言えば、もういやらしいエッチしかありませんよね。どうぞ存分に楽しんじゃってください。

2.浴衣がエロさを演出

「浴衣って身につけるだけでエロい感じになるのは私だけでしょうか。なんだか体が敏感になるような気がします。紐を使って遊ぶのも楽しいです」(24歳/女性/ショップ勤務)

なるほどエロい。腰紐を小道具に使うとは上級者ですね。
自宅ではなかなか着る機会のない浴衣も、温泉宿の中では普段着です。時にはだらしなく着くずしたり、足をはだけさせたりして、思いっきり浴衣のエロさを堪能しましょう。

3.畳の上の布団はまるで大海原

「和室にお布団を敷くと、そこはまるで広い海のよう。本能の赴くまま二人とも存分に暴れる事ができます。もうシングルベッドでのセックスには戻れません」(25歳/女性/医療事務)

普段はベッドでエッチをしているカップルにぜひオススメなのが畳の上でのセックスです。
いつもと違う環境でしていると思うと、興奮共上がりますよね。さあ、二人で心おきなく愛の航海に出かけてください。

4.貸切露天風呂で昇天

「露天風呂を貸し切ってそこでカレといちゃいちゃするのが好きです。屋外だから開放的な気分になれるし、刺激があって最高」(22歳/女性/大学生)

温泉旅行は貸切露天風呂付きのお宿が断然オススメです。その理由はずばり、露天風呂エッチです。
誰かに見られているかもしれないというドキドキ感も手伝って快感はクライマックスに。行き先の温泉がヌルヌルの泉質ならば、よりいやらしいプレイができるでしょう。

5.お隣に聞こえそうな快感

「エッチの時の声が大きいワタシ。温泉旅館は壁が薄い事もあるので、夜は隣の人に聞こえないかドキドキします。声が漏れないようにカレに口を押さえてもらうと、余計興奮してぐちょぐちょになります」(23歳/女性/エステティシャン)

あらあら。もしかしたらお隣の人に回数を数えられているかもしれませんよ。翌朝、チェックアウトのときに顔を合わせるのが恥ずかしいですね。

おわりに

温泉旅館ならではのエッチの醍醐味をご紹介しました。まだ行ったことがない人は、ぜひカレにおねだりしてくださいね。ラブラブなあなたも、マンネリ気味なカップルも、よりハッピーになれること間違いありませんよ。

(沖合はるか/ハウコレ)

関連記事