2014.01.24

ミランダ・カーも愛用する「ココナッツオイル」の美容効果とは?


 しなやかな美ボディの持ち主ミランダ・カー。お肌もとっても綺麗ですよね。そんなミランダ・カーが美容のために毎日欠かさない食べ物があるそうです。それは「ココナッツオイル」です。あなたも、ココナッツオイルでミランダ・カーのような美ボディになれるかもしれませんよ!

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルは、熟した茶色いヤシの実の胚乳(白い部分)から作られたオイルです。ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸を多く含む珍しいオイルです。ほのかに甘い香りのするオイルで、27℃前後で固まるため、ロースイーツ(小麦、砂糖、卵、乳製品を一切使わず、48℃以上の加熱をしないスイーツ)のつなぎなどにも良く使われるオイルです。

ココナッツオイルの美の秘密 3つ

(1)素早く燃焼
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、肝臓で素早く分解されるため、一般的なオイルや肉に含まれる長鎖脂肪酸の約10倍のスピードで代謝されると言われています。つまり、ココナッツオイルは、食べてもすぐにエネルギーに変換され、身体に余分な脂として溜めこまれないのです。それだけでなく、ココナッツオイルは、トランス脂肪酸ゼロ、コレステロールゼロで、健康面でも優れたオイルなのです!

(2)母乳成分で免疫力UP
ココナッツオイルにはラウリン酸が含まれています。ラウリン酸とは、母乳に含まれる成分で、免疫力を高め細胞を強くする働きがあります。ココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸のうち約50%がラウリン酸です。花粉症などアレルギーが気になるこれからの季節、ぜひおススメしたいオイルです。

(3)抗酸化力もバッチリ
ココナッツオイルには、抗酸化ビタミン「ビタミンE」も含まれています。なかでも特に抗酸化力に優れたトコトリエノール(ビタミンEの一種)が含まれていて、お肌と身体をサビから守ります。

オイルだけじゃない!注目のココナッツ食品

・ココナッツミルク
熟した茶色いヤシの実の胚乳(白い部分)を煮出して絞ったエキスがココナッツミルクです。ココナッツオイル同様、中鎖脂肪酸やラウリン酸を含むだけでなく、カリウムやマグネシウムといったミネラルも摂ることができます。クリーミーで充分な存在感があるのに、トランス脂肪酸もコレステロールもゼロ!少量でも満足でき、ダイエット女子のデザートにピッタリですね!

・ココナッツウォーター
ワークアウトを欠かさない海外セレブがこぞって飲んでいるのがココナッツウォーター。ココナッツウォーターは、グリーンの未成熟のヤシの実の中にある半透明の液体で、ナトリウムやカリウムなどの電解質を豊富に含み、その量は、一般的なスポーツドリンクの15倍と言われています。ココナッツウォーターに含まれる電解質のバランスは、血液の電解質バランスととても良く似ているため吸収が良いのも特徴。身体の水分バランスを整え、栄養を細胞に届ける大切な電解質は、代謝の良い余分なものを溜めこまない身体作りに欠かせません。

終わりに

オイル、ミルク、ウォーター、どれをとっても美肌にも美ボディにも効果バツグンのココナッツ。ただ細いだけでなく、美しく魅力的なボディを目指す海外セレブに人気があるのも納得ですね!最近では、スーパーやバラエティショップなど取扱店も増えてきました。今もっともホットなココナッツで、美肌も美ボディもゲットできるかもしれませんね!

(岩田麻奈未/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事