2014.01.26

エッチのとき、目を開けておくべき6つの理由


「エッチの最中って恥ずかしくて、どうしても目つぶっちゃう」という女性は多いと思います。視覚をフル稼働してエッチする男性とは違い、女性は触覚や聴覚で気持ちよくなるため、無駄な視覚情報を無意識にシャットダウンしてしまうということも。でも、実は目を開けていると意外なメリットもあるのです。今回はそのメリットをこっそりお教えします。

1.目が合う

「彼の顔が自分の顔の近くにあるときだけは、意識して目を開けるようにしてる。愛おしそうにこっちを見てる彼と目が合うとキュンとする。久しぶりのエッチだと目がギラギラしてたりして、それはそれでドキッとする。」(22歳/大学生)

騎乗位や正常位、座位など、男性と見つめ合える姿勢のときだけでも、ぜひ目を開けてみてください。いつもと違う彼の目を見れば、胸キュン間違いなしですよ。

2.興奮できる

「目を開けてると、普段見れないものがいろいろ見れるから興奮する。とくに、騎乗位のときに彼の気持ちよさそうな顔を見るのが好き。」(25歳/アパレル)

彼のかわいい顔や、男らしく動く筋肉などを凝視して興奮する女性もいるようです。手フェチ・筋肉フェチ・メガネフェチの方は、目を開けておいたほうが気持ちよくなれるかもしれません。

3.キスしてもらえる

「目でじっと訴えてると、気づいた彼にキスしてもらえる。あの幸せでくすぐったい雰囲気が大好きだから、『キスして』とはあえて言わずに、無言で見つめることにしてる。」(26歳/銀行)

正常位のときはとくに顔の距離が近いので、キスするにはベスト。ここぞとばかりに、じーっと見上げちゃいましょう。愛情たっぷりの幸せなエッチができます。

4.どこを見られているのかがわかる

「『いつも彼はどこ見てるのかな?』と気になったので、目を開けたままエッチしてみた。そしたらなんと、彼は局部を見るのが好きらしいということが判明。それ以来、毛とか匂いとかを意識してケアするようになった。」(27歳/ネイリスト)

目をつぶったままでいると、彼がエッチ中に自分のどこを見ているのか一切わかりません。顔を見られているのであれば、鼻の穴が広がったりしないよう気を付けなければいけないですし、足を凝視されているのであれば、毛の剃り残しなどがないよう細心の注意を払う必要があります。彼がどこを見ているのかということは、きちんと観察しておきましょう。

5.彼の表情を確認できる

「表情をじっと見てると、彼はどんな行為が好きで、何をしてあげると気持ち良いのかっていうことがよくわかる。『じゃあこれはまたやってあげよう』とか次に活かせるから、目を開けてるのは大事。」(24歳/フリーター)

ちょっとテクニシャンな女性は、エッチ中も目を開けて彼の反応をじっと伺うようです。とくに彼がエッチ中無言になってしまうのであれば、表情を見て察してあげるのはかなり大事なこと。「もっと良いエッチがしたい」と思っている方はまず目を開けてみることから始めてみましょう。

6.気持ちを伝えることができる

「恥ずかしいこと言ったりやったりはなかなかできない。でも目と目で見つめ合ったまま頷いたり笑ったりするだけで、印象はかなり変わるみたいで、『最近ちょっと楽しそうにしてくれるから嬉しい』と彼に言われた。」(25歳/公務員)

目をぎゅっとつぶっていると、「楽しんでないのかな?本当は嫌なのかな?」と彼に思われてしまいます。でも潤んだ瞳を見せて微笑んであげると、それだけで「エッチを楽しんでますよ、気持ち良いですよ」ということを伝えることができるのです。恥ずかしがり屋さんほど、目を開けておいたほうがいいようですね。

おわりに

エッチ中の女性の目はうるうるしていてとてもセクシーなのだそう。ぜひ自信を持って、彼を見上げてみてください。

(吉沢みう/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事