2010.07.09

デキ女っぽくかっこよく歩くために!ヒールの高い靴を疲れにくくする方法

以前「ヒールが高くても疲れない靴を選ぶポイント(レディース)」をご紹介しました。今回は、もう既に持っている靴を歩きやすく、疲れにくくする方法をご紹介します。

グッズを使うのですが、これらはほぼレディースのある靴屋さんなら置いてます。靴による足の痛みで悩んでいる女性はぜひお試しください!

すべり止め

ヒールが高いと、履いているうちにだんだんと足は靴の先の方に押されてしまいます。そうすると、足の指が締め付けられてすごい痛くなってきますよね…!そんな時は「すべり止め」を靴の底に張ることをおススメします。

シールタイプになっていて、ストッキングや靴下で履いているときも、ズレないし滑りません。しかも薄いので、違和感もないです。
         

インソール(ジェルタイプ)

こちらも滑り止め効果があります。
上の「すべり止め」よりも厚めのタイプなので、弾力が有り、足が疲れにくいです。厚めだけに使い込んで伸びてしまった靴のサイズ調整にも使えます。
           

これは消耗品で、シールタイプではなく、弾力・粘着力もだんだんと落ちてくるので半年くらいが使い続ける期間の目安でしょう。

インソール(ジェル・ハーフタイプ)

上のジェル・インソールの、土踏まずから先の部分のみに使えるタイプもあります。
見つけた限りだと、厚みが2ミリのものと、4ミリのものがあります。↓こちらは2ミリ。

↓こちらは4ミリ。これだと結構な厚みですね。


サンダルに使っても目立たないです。

インソール(スポンジタイプ)

インソールにはジェルではなくスポンジ素材のものもあります。
ジェルタイプよりも薄いので、サイズ感をあまり変えたくない場合はこちらも良いでしょう。こちらはシールになっていて、半永久的に使えます。

バンド

ヒールのある靴を脱げないように気をつけて歩くのって結構疲れますね。でも、バンドを別で買って、靴にくぐらせて使います。すると脱げにくくなり、足に吸いついてくるので、歩くのも疲れなくなります。

こちらは靴屋さんにもありますし、ヘアアクセサリーの「シュシュ」でも応用できます。
雰囲気もガラッと変わっておしゃれですよね。

おわりに

靴はせっかく試着して買っても、長距離を歩いてみないと自分の足に合っているのかなかなかわからなかったりします。もし歩きにくなったり、足がすぐ疲れるようであれば、すぐ捨ててしまうのはもったいないので、上記の対処法をぜひ試してみて下さい。

それでも効果が無ければ、足のためにも潔く買い替えるようにしましょう。

関連記事