2014.02.01

2月は「男友達と一線を超えちゃう女」が愛される理由


2月はバレンタインデーという、恋する乙女たちにとっては一大事なイベントが待ち受けていますね。今月も旬な星座のエネルギーを使って是非あなたの恋の潤滑油にしちゃいましょう!2月は水瓶座の季節!「誰ともフラットに接する博愛主義者な水瓶座」のエネルギーを活用してみましょう。

水瓶座は、「博愛主義者」。そもそも博愛主義ってなに?

水瓶座は12星座の最後から2番目の星座です。12星座は一つの壮大な物語になっており、一つの生命体が「生まれて、感じて、言葉を覚え、他の人との関わりや集団の中で喜びや摩擦を覚え、最後は悟りの境地に到達する」物語なのです。水瓶座はよく「博愛主義者」といわれていますが、博愛主義を辞書で引いてみると、「人種・国家・階級・宗教などを超えて、人類は広く愛し合うべきであるとする主義」とされています。水瓶座のエネルギーの醍醐味は「お互いの領域を超えて手を取り合う」という部分にあります。

水瓶座=垣根を越え、和解するエネルギー

水瓶座の持つ「相手と自分の垣根を越える」エネルギーは、一見理解が難しそうな出来事に立ち向かう勇気をくれます。ですから2月は、普段は交わり合わないような考えなどに理解を示すのにいい時期です。「男と女」「右と左」「陰と陽」…世界は相反する2つの要素が複雑に絡み合っていますが、一度お互いの違いを理解してしまえば反発し合うことは無くなり、和解します。お互いの長所を尊重して、協力体制を持つ事ができるようになるのです。

水瓶座の時期は、ズバリ「異性との肉体関係が増えやすい??」

「男と女は結局違う生き物なのだから、完全には分かり合えない」とは言いますが、感情を割り切るのは難しいですよね。「一回エッチしちゃったけど、私は彼女?それとも只の遊び相手?」そんなことを考えて涙で枕を濡らす経験をした方もいるのでは。2月の水瓶座の時期は「お互いの違い」に理解を示すことが出来る時期です。あまり深く考えずに、「まあ、あっちにはあっちの考え方があるだろう」と割り切り、純粋に目の前の異性を愛することに徹してみて。垣根越えのエネルギーが後押しして、もしかすると何とも思っていなかった男友達とも肉体関係を持ってしまうかも!

2月は「男友達と彼氏の垣根を曖昧にする女」が有利に!

「この人は別にタイプじゃないからどうでもいい」「どうせ恋仲にはならないだろう」そんな風に最初から決めつけていると、あなたの恋のチャンスの幅は急激に狭まってしまいます。人の能力は多面体です。もしかすると、冴えない男!と思っていた男友達でも、実は表層にその人の良さがでてきていないだけで、あなたを虜にするような要素が眠っているかも知れません。ですから、あなたから彼氏候補と男友達の垣根を曖昧にしておきましょう。「この人、逆にアリかも!?」と思えたら、恋のチャンスです。

狭い領域にいると視野まで狭くなってきてしまいます!多少軽薄かな?と思われるくらいのノリでビュンビュン恋を楽しんでね★

(アイビー茜/ハウコレ)

関連記事