2014.02.04

別れの春が来る前に!遠距離恋愛をはじめる前の心構え・4つ


こんにちは、ぽこひろです。
先日は、「遠距離恋愛が100%失敗する理由」なる記事を書かせていただきました。
遠距離恋愛がほぼ決定的なカップルのみなさんには、いささか夢のない話をしてしまいましたね。
「自分が恋愛うまくいかねえからってひがんでんじゃねーよ!」的なお声もいただきました。ですから今回は、遠距離恋愛の難しさを認めたうえで、あえてそれに立ち向かおうというカップルの皆様へのエールを込めて、「カップル2人で切り抜けるために必要な心構えとはなにか」について夢のある内容をお届けしたいと思います。
留学や単身赴任などにより、1年以上の遠距離恋愛を強いられながら、それを力合わせて乗り越えたことのある30代女性20人を見つけ出し、彼女たちにアンケートを行いました。その秘訣とは、いかに?

1.指輪を買う

「まずはペアリングを買うべきだと思うな。この機会に、ってことで良いタイミングだし、なにより指輪をつけているとお互い少し安心できる。『他の女の子に狙われちゃわないかな?』とかの不安とかね」(33才/OL)

なるへそ! 指輪ってのはたしかに「魔除け」にもなりますもんね。
ちゃんとつけ続けると指輪の日焼け跡がつくはずですから、カレがこっそり外していないかどうかを会ったときにしっかりチェックしましょう。
もちろんアナタも、こっそり外したりしないように。外しグセがつくと、カレと会うときにさえ付け忘れてしまうかも。

2.ルールを決める

「毎日何時に電話をするかとか、毎週何曜日と何曜日にスカイプするか、とかはあらかじめルールを作っておいたほうがいいよ。だって、遠距離恋愛だと電話やメールがデートみたいなものだからね。きちんとしたほうがいい」(31才/経理)

離れていると、ささいなことでイライラもたまってしまうようです。「昨日の夜、電話って約束したじゃーん!」みたいなことが積み重なって、いつか大爆発。なんてことにも……。

3.会う頻度も決める

「連絡のこともそうだけど、月に何回くらい会うのかとか、ちゃんと決めておいてよかったな。それを励みに頑張れるし、やっぱり『次いつ会えるんだろ……』って不安なままだと頑張れないよ」(35才/公務員)

これはとても大事でしょう。そしてもちろん、その約束を破らないように死ぬ気で努力しましょう。インフルエンザとかを言い訳にしてもいいので、彼と会う日に急な予定が入るのを阻止してください!

4.お金の相談

「カレの方ばっかりに交通費を負担させていると、だんだん大変になってくるみたい。だからはじめから交通費はワリカン、とかしっかり決めるべきだね」(33才/保育士)

男子ってカッコつけたくて、「オレが交通費は全部持つよー」とか言ってしまうんですよね。でも、これは絶対長続きしません! ですから、多少はアナタが出すように決めておきましょうね。

おわりに

いかがでしたか?
想像を絶するほどの難しさを誇る、遠距離恋愛。しかし、これらのルールをしっかり守り、あとはアナタたち2人の強い愛の絆があれば、乗り越えられないカベではない! かも?

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事