2010.07.13

“龍馬伝”効果で“生節ブーム”?!カツオ生節のおいしい食べ方

大河ドラマで龍馬人気に火が点いたからか、龍馬ゆかりの食品が流行中。
龍馬といえば土佐。土佐といえばカツオ。
楽天の通販でも、最近カツオの“生節”に人気が集っているそう。
大トロ鰹を使った生節“龍馬節”なるものも注目とか。
値段が手頃で日持ちがする、調理が簡単なのでお中元にも贈りやすいというのが人気の理由。

私も最近、立て続けに頂いたのですが…さて、どうやって食べたらいいのか。
馴染みのない人には??です。土佐出身の人に聞いたり、調べたり、いろいろ試したりしました。とにかく、美味しい!そこで、もし突然ゲットしても困らず、美味しく食べる方法を伝授します!

生節について

生節は、寄生虫の多いカツオを安全に食べるための知恵から生まれた郷土料理。
作り方は業者や家庭によって違いはありますが、
新鮮なカツオを3枚に卸し、かなり濃い塩水で茹でるのが一般的。いたってシンプルです。

それに醤油などで調味して真空パックされたものが多く出回っています。
高たんぱく低脂肪で、不飽和脂肪酸がたっぷり含まれた健康食。
ダイエット中の人にも嬉しい食品です。
値段は20センチ前後で500円くらい。ブランド生節“龍馬節”でも1200~1300円程度。
賞味期限は未開封で4ヶ月位。開封後は生のままでも5日は大丈夫。1度に食べきれない場合は少しずつ切り分け、断面が乾燥 しないようラップをして冷蔵庫で保存してください。

生のまま、そのまま食べる

ぱっと見は削る前の鰹節に見えますが、全く違うもの。
鰹節はカチカチに硬く、削り器が必要ですが、生節は指でほぐれるほど柔らかい。
包丁でも簡単に切れます。
そして下ごしらえも不要。
カツオの旨みと茹でるときの塩味が効いているので、何もつけずにそのままほぐしておつまみに。

ポン酢やワサビ醤油をつけても美味しい。
また、意外にマヨネーズとの相性がバツグン。
パスタと和えたり、タルタルソースと一緒にバンズに挟んでバーガーにも。
肉厚がしっかりした高級なツナと思えばイメージがわくかと思います。

生のままでアレンジ自在

最近は生節をメニューに扱う店も見かけます。
自宅で手軽なアレンジなので、真似しない手はありません。
まず、新鮮な生野菜を皿に敷いて好みの厚さにスライスした生節を置きます。
あとはお好みのドレッシングをかけるだけで様々な豪華サラダに。

ここでは特に好評なドレッシングを紹介します。分量は好みで調節してくださいね。
  • ワサビ+マヨネーズ+オリーブオイル+塩コショウ
  • ポン酢+マヨネーズ+白ゴマ・鷹の爪・ニンニクスライス(又はすり卸し)
  • コチュジャン+マヨネーズ+醤油+ごま油+白ゴマ
  • 梅肉+醤油+マヨネーズ+ごま油

自宅パーティなら、数種のドレッシングを器に入れて、大きめにほぐした生節と野菜スティックをディップ感覚でつけながら食べても楽しい。

加熱でアレンジ自在

温めるといっそう魚の香りが立ち、違った味わいに。
  • 大きめの乱切りにし、ショウガと醤油で濃いめの煮付けに。お弁当にも◎です。
  • 厚く切ってニンニク醤油で焼いてステーキ風。
  • 大きめにほぐして味噌汁に入れるとコクのある具だくさん汁に。
  • 細かくほぐしてチャーハンに。
  • ピザソースを絡めてからチーズ焼に。
と、要するに何でもOK。和洋中どんなアレンジをしても風味が増して食べごたえある一品になります。

“ナマ仕様”を貰った時は

ところで、日持ちが必要な場合は焼きを入れて味つけしたものが買われますが、
地元の人から頂いたり、近場のお土産だと、
焼きも調味もしていない生のままの生節(ちょっと変な言い方ですが、茹でただけの白っぽい状態のもの)を頂くこともあります。
魚市場で買ったら真空パックもされていない場合が。

まさに“できたて生節”。
これも同じようにほぐしてそのまま食べますが、上品な塩味とカツオの旨みだけなので、
やや濃い目の調味料が合います。

すぐ食べるなら、ぜひその鮮度と淡白さを味わって。
少しでも日持ちさせたいなら、魚焼きグリルか焼き網を使って、弱火でじっくりと表面に焼きを入れてください。
サクのまま、時々ゴロゴロ転がす感じ。

全体に焼き色がついたら冷蔵庫へ保存。
こうすると香ばしさも加わり、5日ほどは鮮度が保てます。

おわりに

土佐の郷土料理ですが、最近は都会の居酒屋や炭火焼料理店でも見かけるようになって来ました。まだ馴染みのない飲み仲間を前に、ちょっと物知り顔でツウを気取ってみるのも楽しいですよ。

関連記事