2014.02.12

誰でも究極愛され顔になれちゃう、魔法のメイク術!


愛され顔にもいろいろあるけれど、できるなら万人に愛さる顔になりたいですよね。嫌味がなくて、好感度の高い顔。今回は女性にも男性にも受けがいい、おしゃれな愛され顔を紹介します。

1. ベースはブルーとピンクの2色を使って


ルーのコントロールカラーを、おでこ、両頬、鼻、あごにのせ、顔全体にまんべんなく広げていきます。続いて、ピンクのコントロールカラーを両頬にだけ重ねてなじませましょう。

※ブルーを全体に広げると、顔が引き締まった印象に。ピンクを全体に広げると、ふんわりと丸顔の印象になります。

2. ファンデーションは薄くのばして

ファンデーションの種類は、リキッドやクリームタイプがベター。ただどのタイプで塗るときも、ブラシを使ってつけると◎。ブラシで塗ると厚ぼったくなりにくいので、薄付きになるように心がけましょう。

3. 上目頭にだけコンシーラーをオン


目頭の上に、コンシーラーを手でのせていきます。人差し指でトントンと、スタンプで叩くようにのせながら、肌にコンシーラーを密着させていきます。くぼんでいる部分を埋めることで、顔がふっくらとした優しい印象になりますよ。

ベースメイクの仕上げには、フェイスパウダーを目元を中心にしてまんべんなく顔全体にブラシではたきましょう。

4. ピグメント入りブラウンシャドウでキラキラに


キラキラのピグメントが入った、ダーク系のブラウンシャドウをチョイス。ベースカラーとして、まぶた全体に薄く塗っていきます。
続いて、アーモンド形を描くように意識しながら、ベージュブラウンを重ねましょう。

5. 下まぶたにもブラウンを


下まぶたは、目尻に4で使ったベージュブラウンをのせましょう。目頭に向かって、徐々に薄くなるように意識しながら、全体を囲むようにアイシャドウを塗っていきます。

6. アイラインはブラウンで


ブラウンのペンシルライナーを使用し、上まぶたに引いていきます。目尻だけ少し長めに引くようにしましょう。下まぶたは、目尻から1/3の部分までラインを引きましょう。

7. 綿棒でラインをぼかして


アイラインを引いたら、上まぶたのラインを中心に綿棒でぼかしていきます。境目をきっちり作らないことで、ヌケ感が生まれておしゃれな印象に。

8. 下まぶたにゴールドラメをオン


アイメイクの仕上げには、ゴールドのラメパウダーを小さめのブラシにつけて、下まぶたの真ん中にのせましょう。ゴールドラメを置くことで繊細な印象が生まれます。最後にマスカラを、根元からたっぷりと塗ってアイメイクの完成です。

9. ピンク系リップとチークで仕上げて


リップのベースには、コンシーラーを唇全体にのせましょう。リップカラーは、ピンクベージュをチョイス。唇全体に重ねてつけます。
チークもピンク系にします。頬の真ん中を拠点にして、幅広に入れていきましょう。

10.完成


究極愛されメイク、いかがでしたでしょうか?いつものメイクをちょっと変えるだけで、印象がぐんとよくなるはず。このメイクをマスターして、万人に愛されるおしゃれ女子を目指してみてくださいね。


(ヘアメイク 弾塚凌)
(モデル 関根苑子)
(撮影協力 スタイラ)
関連キーワード

関連記事