2014.02.15

【夢占い】未来をみちびく夢・4つ


ある受験生の話です。入試当日の朝、目の前の大きな橋が壊れている夢を見ました。対岸に行けず途方に暮れていると、壊れた橋の下に小さな舟が見え、大急ぎで舟に乗ろうとしたところで目を覚ましたそうです。この夢を見た方は試験の出来が悪く、ひどく気持ちが落ち込んでいました。しかし、合格発表を迎えたところ、なんと補欠合格していたそうです。このように、夢には未来へのヒントが隠されていることがあります。では、未来へのヒントが隠されている不思議な夢のシンボルのいくつかをご紹介しましょう。

書店、図書館の夢

書店や図書館で本を探す、または買う・借りる夢は近い未来の関心事、インスピレーション・ひらめき、重要な情報やアイデアを象徴します。探し続けているならそのまま現状の試行錯誤を反映し、目的の本を買う・借りる状況なら重要な状況を得ることを暗示します。目的の本のタイトルやイメージはあなたが最も必要としている情報を象徴するものになります。

橋や鉄橋を渡る夢

橋は人生の転換点、鉄橋を渡るのは物事の正念場を暗示します。橋の大きさは現状の転換点の重要性をあらわします。橋の向うに見える風景は近い未来の世界を象徴し、自身の人生の次のステージを意味しています。もし橋が壊れていても、川を越える手段が夢の中で見つかれば救いはあるということです。また、鉄橋を列車で渡っている夢は厳しい現状をなんとか乗り越えられることを暗示します。

カーブを走行する夢

カーブを車で走行している、またはカーブを乗り物に乗って走っている夢は、現状の運気の変化、近未来の運気の状態を表しています。右カーブは運気の良好と希望の持てる未来のビジョンを示し、左カーブは現状のネガティブ変化を暗示します。左カーブの場合、少し急ぎすぎているのでスピードを落として今の状況を見直したほうがいいという忠告メッセージになります。

カードの夢

財布の中のカードを盗まれ、すぐに銀行やクレジット会社に連絡を取ろうとするのは、近い未来の人の出入りや新たな巡りあわせを暗示します。カードをなくす夢自体は基本的に物事の清算・切り替え時期をあらわすので、実際のトラブルを暗示するものではありません。むしろ運気の切り替えにつながる良い夢になります。ただし、このような夢を見て注意をしたいのは、財布ごと失くしてしまうイメージで、これは実際の不注意やトラブル、または思いがけない出費を暗示しているものになります。

未来は選択と決断、それと偶然

選択と決断の連続が未来をつくっていくと言われていますが、忘れてはいけない大事なことがあります。それは選択と決断の前後には必ず「偶然」という要素が加わることです。近未来のビジョンと方向づけはあなたの心のどこかですでに出来上がっているものですが、なぜかあなたの選択と決断はアミダくじのように思いも寄らない方向へと下りていきます。偶然という不確実な横線が入ってくるからです。そこで不確実要素は事前に予想しておくことが賢明。これらの夢のシンボルもあなたの人生の参考にしてみてはどうでしょうか。

(梶原まさゆめ/ハウコレ)

関連記事