2014.02.17

【夢占い】冬に見ると縁起の良い夢・4つ


春や秋のような安眠できる時期と違い、寒い季節の夢見は寒暖の差が激しくなるためメッセージ性の低い生理的な夢を見る傾向が強くなります。
逆に、そんな真冬の時期に限って、鮮明でまとまりのある夢を見る場合、近未来の吉凶を占うことのできる強いメッセージが隠されていることがあります。では冬に見ると縁起の良い夢をいくつかご紹介しましょう。

豆の夢

テーブルに用意された大量の豆、または豆料理をつくる・食べる夢は自身の運気の復調の兆しになります。もしもあなたを含め身近に病気の人がいれば、健康状態の好転を暗示します。豆は運気の回復や生命力の充実を象徴し、たくさんの豆を集める夢は元気を拾い集めることをあらわします。豆がたくさん登場すればするほどそのエネルギーが大きいことをあらわします。

鍋物の夢

温かくおいしそうな鍋物を誰かと囲む夢は対人運、恋愛運アップを暗示します。特に異性や恋人といっしょに食べている夢は恋の発展を暗示します。鍋の具材が豊富であるほど、食べごろになっているほど運気が充実します。反面、よく煮えていないとか具材が少なすぎるイメージだと運気の低下をあらわします。また、食べられない具材や煮崩れたイメージだと体調不良の暗示になることがあるので要注意。

種や苗の夢

庭や花壇に花や穀物の種をまく、またはたくさんの苗を植える夢は子孫繁栄や財産運アップの兆しになります。基本的に種まきのイメージは新しい物事の始まりを告げます。土壌から芽が出、それを大切に育てているなら、現在取り組んでいることがいつか成就することをあらわします。

日の出の夢

日の出を見る夢は運気の復調、急上昇を暗示します。特に富士山や海原を背景にした日の出なら、あなたの運気がかなり強くなる前兆です。夜明け前のようなイメージであっても、または陽がさすイメージがなくても、周囲の風景が徐々に明るくなっていくなら運気アップをあらわしています。生理的にも気持ちよく目覚めていることを意味しているので、心身ともにその日のエネルギーは高まっています。

この時期の悪夢は季節特有のもの

真冬の時期から春先にかけて、幽霊やお化け、心霊写真、または動物を傷つけるような残酷な夢を見たからといって心配ありません。この時期は、体が寒暖差に適応できず、就寝時の寒さで鳥肌が立つような生理的な違和感を、恐怖でぞっとするような幽霊やお化け、残酷な夢のイメージとして表します。ちなみに筆者は風邪のひきはじめにこのような夢を見るので、酷くならないうちに早めの対応をとれて助かっています。

(梶原まさゆめ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事