2014.02.16

絶対モテる!「からかわれ上手」になるコツ・5選


「女の子をからかうのが好き」という男性は多いですが、それにどう反応したら良いのかわからず、戸惑ってしまうこともありますよね。男性が女性をからかうのは、好意の表れであることも多いです。モテのチャンスを逃さないためにも、からかわれ上手になっておきましょう。今回は20代男女へのインタビューをもとに、そのコツをお教えします。

1. 言葉少なに困る

「メイクで無理やり作った「困り顔」には惹かれないけど、からかわれて本気で困っちゃってるときの女の子の顔はかわいくて大好き。」(21歳/男性)

『不自然でキライ』と、意外と男性ウケの良くない「困り顔メイク」。でも、かよわさ漂う自然な困り顔には思わずキュンとしてしまうんだとか。「えー、そんなこと言われたら困っちゃうよ・・・」と言って軽くうつむくだけでOKなので、ぜひ実践してみてください。

2. 笑顔で照れる

「女の子はとりあえず笑ってくれれば、それだけでかわいいし嬉しい!答えづらいようなきわどい話題でからかわれたりしたときは、口元おさえながら照れ笑いしてほしい。」(27歳/男性)

恋愛関係のことやエッチな話題でからかわれたときは、無理に答える必要はありません。むしろ下手に答えると墓穴を掘ってしまうこともあるので要注意。下を向いて照れながらかわいく笑って誤魔化せば良いのです。

3.かるく怒ってすねる

「からかうと『もう!』ってすねる彼女の顔がすごくかわいい。いつもほっぺ突きながら謝って、すぐに仲直りしてる。」(24歳/男性)

からかってきた相手が彼氏ならば、多少のぶりっ子も許されます。ほっぺを膨らましたり唇を尖らせたりして黙りこみ、彼が謝ってくるのを待ちましょう。じっと見つめるより、下を向いたり視線をそらしたりしたほうが、あざとすぎなくて好印象です。ただこれを彼氏ほど身近ではない人にやってしまうと「何だコイツ、めんどくさ」と思われかねないので要注意。

4.かわいく言い返す

「からかわれるたびに、ちょっと怒って笑顔で言い返してたら仲良くなって、その人と付き合うことになった。気が合うから友達みたいに何でも話せるし、一緒にいてとても楽しい。」(28歳/女性)

もしも言い返せるスキルがあるのであれば、明るく怒ってみせましょう。「飾らなくていい子だなー」と思ってくれる男性もいますし、間違いなく先輩ウケも良いです。ただ「うっせーよ!」といった強い言葉を使ってしまうのは、さすがにNG。かわいくなさすぎるため、男友達と同じような扱いしか受けられなくなってしまいます。

5.本気で嫌なときは、きちんと嫌がる

「からかわれて、かわいい反応を返してあげてると、調子に乗っちゃう男もいる。本気で嫌なことを言われたときは曖昧な反応をせず、思いっきり無視したりしたほうが良い!」(20歳/女性)

からかいには愛がなければいけません。度を越したことを言われたときは、我慢してかわいい反応を見せる必要はありません。本気で腹が立ったとき、心の底から嫌だと思ったときは、きちんとそれとわかるような反応を見せましょう。ただ、無視や舌打ちはよっぽどのときだけにしたほうがベター。「そういうこと言われると悲しい」と本当に悲しそうに言えば、角も立ちません。

おわりに

かわかわれ上手な女の子は、どこにいっても愛されます。ただ戸惑うばかりではなく、好印象な反応を心がけてみましょう。

(小嶋もも/ハウコレ)

関連記事