2014.02.15

今のうち!同棲中のカップルがやっておいたほうがいいエッチ・5つ


日々、華麗なる肉食系女子として、恋愛やエッチを楽しんでいる方も、そのうち結婚して子どもを産む人も多いでしょう。
結婚したら独身時代のように楽しめないことのひとつに、セックスがあります。こういう身も蓋もないこと世間では、こうはっきりと言われないものですが、結婚したら、セックスは多少なりともつまらなくなります。
ということは、独身のうちに楽しいセックスをやっておいたほうがいい。同棲中のカップルなら、なおさら、エッチがしやすい環境にいるわけですから、結婚するまでに真面目にセックスを楽しんでおいたほうがいいと思うわけです。さて、結婚前にやっておいたほうがいいエッチを5パターン、既婚者にお尋ねしました。さっそくご紹介しましょう。

1.正常位で大開脚

「子どもが小さいと、親と一緒のベッドで寝ます。そういうときのエッチと言えば、布団のなかでもぞもぞとパジャマを脱いで、ベッドの端っこでちょこちょこっと出し入れしておしまいです。正常位で女性が大開脚で、大声で喘ぐ系のセックスは、結婚するまでにしっかり経験しておかないと、結婚して子どもができたら、やりにくくなります」(25歳・建築)

布団のなかでもぞもぞとパジャマを脱いで……というのが淫靡でいいですね。とはいえ、いつもそれしかできないとなると「もっと思いっきりしたい!」と欲求が爆発しそうな気もします。

2.鏡の前で立ちバック

以下は女性からの証言です。
「結婚したら毎日の生活に追われるので、ロマンティックでエロいことを発想する時間がなかなかとれません。結婚前にそういうエッチをしておくことをおすすめします。私の場合は、彼との「鏡の前で立ちバック」が忘れられないです。
リビングにある姿見の前で全裸で立ちバック! 結婚後のしみったれた生活ではできないです」(28歳・航空会社)

この証言からひもとくと、そういう発想にならないというのが理由のようですが、「発想の限界」って、置かれた環境によって、誰でもありますからね。

3.AVを観ながらのエッチ

「子どもが3歳になりますが、もう知恵がついてきているので、隠しているアダルトビデオをうまく見つけてきて困ります。子どもが大きくなったら、AVは家では観れないと思ったほうがいいかもしれません」(30歳・派遣)

バイブとかローターとかも、うまく隠さないと、「おたくのお子さん、公園の砂場でバイブで遊んでたよ」ということになりかねないのでしょうか。

4.お風呂場でローションエッチ

「結婚したら、お風呂場でイチャイチャするということがなくなりました。独身のときにもっとやっておいたらよかったなと後悔しています。だって全身ローションまみれでのエッチって最高に気持ちいいんですもの」(30歳・アパレル販売)

結婚後も、ローションエッチをしているカップルは当然いますが、全身ローションでお風呂場で心おきなくセックスを楽しむというのは、婚前カップルの特権かもしれませんね。お子さんが生まれたら、風呂場にてローションで3歳児転倒、重傷……とか、ニュースになったらイヤですしね。

5.コスプレ+ストーリーのあるエッチ

「私がナース服を着て、旦那に『お熱をはかる時間ですよ~』とか、セリフを言いながらやるセックスって、結婚してからやっている時間がありません。結婚したらなぜか仕事が忙しくなるんです」(29歳・看護師)

結婚したら、稼がないといけないので、たいていの夫婦は忙しくなりますもんね。忙しくなって時間は減るし、体も疲れてるし…となれば、つまらないセックスになってしまうのもわかりますよね。

おわりに

いかがでしたか?恥ずかしいからとか、面倒だからとか、いろんな理由で独身時代にエッチの機会を棒に振っている女性は、結婚までにしっかりエッチをするぞ! と、心に誓ってみてはいかがでしょうか。
結婚したら、本当に「ときめくようなセックス」って、やる機会が減るんです(で、不倫に走ることになったりもします)。今のうちにセックスを味わい尽くして、しれっとヴァージンロードを歩いてみてはいかがでしょうか。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事