2010.07.16

サンダルのトングによる痛みを軽減させる方法

ビーチサンダルやオシャレサンダルの、足の親指と人差し指の間に付いているトング。靴下やストッキングもいらず、ビーチや近所を少し歩く時にも使える夏に持ってこいなサンダルですが、ずっと履いていたり、靴の形によっては足の指(の間あたり)が痛くなってしまうこともあります。

そんな痛みを軽減する方法があります。メンズもレディースも対象です。ご紹介しましょう。

トングカバー・1

「トングカバー」というのが靴屋さんにあります。600円くらいでした。普通、左右両足セットです。
ちなみに、私は「Dr.Scholl」(ドクターショール)という会社のものを買いました。ここの会社さんは、靴による足の痛み対策グッズを結構出していて、やっぱり人気みたいです。
こういうのです。


トングカバーをサンダルの部分に巻きつけて、指でグッと強く押さえます。シールみたいなのは無いですが、これで何度も自分で剥がしたりしなければ、剥がれません。

トングカバー・2

こちらはもっと効果がありそうなトングカバーです。


置いて、軽く押さえるだけで大丈夫です。
底が薄いサンダルなんかは、こちらのタイプの方が地べたの固さが足に伝わらず、疲れもあまり感じなさそうですね。(「ヒールが高くても疲れない靴を選ぶポイント」でそれについて書きました)

おわりに

上記で紹介したのはレディースですが、ネットで見てみたところ、メンズ用のトングカバーもあるみたいです。悩んでいる方はぜひどうぞ。

関連記事