2014.02.23

あなたは大丈夫?初対面で恋愛対象から外されてしまう女の特徴4つ


合コンや友達の紹介、新しい習い事にバイト……出会いのスポットに足を運ぶものの、次のステップに発展しないとお悩みのあなた。ズバリ、男性の恋愛対象から弾かれているのかも。

気になるカレと付き合えるのか付き合えないのか悩む前に、まずは、カレの恋愛対象に入らなきゃお話になりませんよね。「人は見た目が9割」なんて言葉が流行りましたが、出会いのシーンでは、特に第一印象が大切です。
 
もちろん、外見の好みは人それぞれ違いますが、初対面で恋愛対象から外れる女の特徴を男性陣に取材してみると、次の4つが多く挙がりました。

1.隙がなさすぎる

「仕事もバリバリこなして、英会話と料理とヨガのスクールに通って、休みが取れたら一人でも海外に行っちゃうような女性。会話は終始敬語で、オフの日もフルメークでパンツスーツ着ちゃうような……こういう鉄壁の女を落としてやろうなんて気骨のある男は減ってきてる気がする」(31才/出版関係)

「私一人で仕事・私生活すべて充実してます」という態度は、「男なんて要りません」と言っているようなもの。こういう女性に、好きな男性のタイプを聞くと、「顔は平均以上で、身長180cm以上、年収1000万以上、スポーツが得意で、長男じゃなくて、結婚後は専業主婦やらせてくれて……あと、絶対浮気しない人!」なんて答えるから困りものです。
交際相手の対象範囲を狭めると、自らも対象から外される可能性が高くなるのは当たり前。隙がありすぎるとカラダ目当ての男まで寄ってきちゃうけれど、気になる彼が入る隙間くらいは作っておいてあげましょう。

2.男の影がなさすぎる

「20代半ばも過ぎてるんだけど男と付き合ったことがなかったり、パッと見良さそうな子でも『3年間、彼氏がいないんです』なんて話聞くと、なんか問題あるんじゃないか? って変に勘ぐっちゃう。恋愛に過剰な期待されるのも困るし、爆弾抱えてそうで怖い」(29才/メーカー勤務)

爆弾なんて失礼ね! と言いつつ、女性から見ても、30才交際暦ナシの男よりも、ほどよい交際暦があった方が、安心感はありますよね。ちなみに男性陣に統計をとってみると、「3ヶ月前~半年前に彼と別れたばかり」という女性が、ちょうどアタックしやすいみたい。
そのために無駄打ちしろとは言いませんが、既成事実を作るためにも、「アリかナシかで言えば、ナシでじゃない」と思った男性とは、一度付き合ってみるのも手かも。

3.ネガティブすぎる

「せっかくこっちがホメてるのに、『でも、私ブスだし』『私なんて、全然ダメですから』と全否定される。挙句の果てに、『ごめんなさい、私ウザイですよね』なんて謝ってくるから、結局こちらがフォローするハメになるんだよね。人の好意に対して、素直に『ありがとうございます』を言えない女は可愛くない」(30才/飲食関係)

確かに、「でも」「どうせ」が口癖では、盛り上がる会話も盛り上がりません。いくら美人でも、「この子と付き合ったら楽しそう」とは思えませんよね。世の男性が言う、「かわいいね」「キレイだね」なんて、挨拶みたいなものですから、「(ちょっと照れながら)お上手ですねー、ありがとうございます」と、サラッと流す訓練を。

4.女度が低すぎる

「女の口から『うめー』とか『だりー』とか、ガサツな言葉が出てくると引く。平気で下ネタを言われたり、スッピンにスウェットで来られたりすると、相手も自分のことを男として見られていないんだと思ってしまう。いくらイイ子でも、女としての魅力に欠けると男友達と同じ扱いになる」(27才/会社員)

基本的に男性は、いつの時代も「大和撫子」のような女らしい女の子が好き。小悪魔タイプに惹かれはするけど、24時間年がら年中振り回されたいっていうほどタフでもないし、二人でいるときくらいは家庭的であって欲しいというが男の本音みたいです。
だから、多少男っぽい性格でも、TPOに合わせて言葉遣いや服装を変えられたり、「実はしっかりした子なんだ」「こんな女っぽいところもあるんだ」というギャップを演出したりすれば、女友達から恋愛対象にランクアップする可能性も。

おわりに

いかがでしたか? 出会いの季節、春はそこまで来ています。「出会いが恋に発展しない理由はこれかも……」と、心当たりのあった女性は、是非参考にしてみてくださいね。

(斉田直世/ハウコレ)

関連記事