その茶葉、まだ捨てないで!消臭・掃除にピッタリ!緑茶の活用法

毎日、飲む緑茶。緑茶の茶葉をそのまま捨てていませんか?緑茶には消臭・抗菌効果があり、飲んだ後も実は消臭や掃除に役立つのです。
飲んだ後、緑茶にもうひと頑張りしてもらういくつかの方法をお教えいたします。

緑茶の成分

緑茶の特色である渋味をつくっているのがカテキンです。このカテキンはポリフェノールの一種で、作用として消臭作用、抗菌作用が確認されております。

キッチンや部屋のニオイは気になりますよね。
この緑茶のカテキンはニオイの成分を吸着するので消臭効果があります。

部屋のニオイには

乾燥させた茶殻を部屋に置いておくだけで消臭剤の代わりになります。

部屋のいやなニオイには…
乾燥させた茶殻を灰皿などに入れて、少量燃やしましょう。燃やすことにより消臭効果はアップします。

台所のニオイには

乾燥させた茶殻をフライパンで焙りましょう。魚を焼いた後のニオイなどの強烈なニオイを消すことができます。

電子レンジのニオイには

乾燥させた茶殻を耐熱容器にいれ、ラップをしないで1分ほど熱します。1分後には電子レンジのニオイは消えています。

食器棚・タンスのニオイに

乾燥させた茶殻を布などに包んで、食器棚・タンスの中に入れておくと、ニオイをとるだけでなく、防虫対策にもなります。

トイレのニオイに

乾燥させた茶殻をかごやビンに入れてタンクの上に置きましょう。トイレのいやなニオイを消臭してくれます。

茶殻で手洗い

魚やにんにくを使った料理をすると、調理後、手にニオイが残ります。
茶殻を手の平にのせて、こすりあわせ手洗いをすると、カテキン効果でニオイをスッキリカットしてくれます。

畳の掃除に

茶殻を半乾きの状態で畳に撒き、撒き終ったらすぐにほうきで掃きます。畳のよごれがとれ、消臭効果もあります。

玄関の掃除に

玄関は外のほこりが舞いこんで、靴についた泥や砂など小さな砂ほこりが溜まっています。使い終わった茶殻を満遍なく撒いて、撒き終ったらすぐにほうきで掃除をすると茶殻がごみとニオイを吸着してくれます。

緑茶雑巾

濡れた茶殻をガーゼや古い靴下などボロ布に包み雑巾の代わりに使います。床や壁、柱を拭きましょう。拭いた後も、除菌・消臭効果が持続します。
ただし白い壁や家具を拭くと茶渋が付いてしまうので避けましょう。

まとめ

使い終わった茶殻は、いろんな用途に使え、住まいを気持ちよく変えてくれます。是非、みなさんも、茶殻を捨てる前に消臭、除菌に使って下さい。