2014.02.24

彼とあなたの距離感がわかる!トランプで恋占いをするコツ


最近はあまり見かけなくなりましたが、今日はトランプを使った“おまじない”をお伝えしたいと思います。もしかしたら、最近は出番がほとんどないかもしれないトランプ。せっかくですから、これをキッカケに“恋占い”に使ってみませんか?あなたの机の引き出しの奥にも、きっとひとつくらいあるでしょう? 

実はトランプは、“おまじない”にはかかせない道具のひとつです。トランプ占いは歴史が古く、タロットカードよりも古いんですよ。今では神秘的なタロットカードのほうが主流かもしれませんが、タロットカードが使われる前はトランプが主流だったのです。ぜひ、なつかしい気持ちも味わいながら試してみてくださいね!

1.「ハート」のカードを準備する

今回は「恋が叶うかどうか」を占います。相性診断みたいなものですね。今、恋をしている人、片想いをしている人にぜひ試していただきたい占いです。使用するカードは「ハート」の13枚。「クィーン」があなた、「キング」が好きな人です。

2.恋する人を想いながら実践する

まずは深呼吸。雑念を払い、心を落ち着かせることが大事。“おまじない”だからといって、軽んじてはダメ!いかに真剣にやるか、ということも、“おまじない”をする上で、大事な要素になるんです。

さて、「ハート」のカードを13枚取り出したら、まずは、あなたが恋している人を思い浮かべながら、カードをよく切りましょう。「ここだ」と思ったタイミングで止めるのがポイント。気持ちを落ち着かせたら、13枚のカードを、全て表向きで1列に並べましょう。

3.「クィーン」と「キング」の位置を確認する

さて、「クィーン」と「キング」は、どこに出ましたか?このトランプ占いは、「クィーン」と「キング」の位置で占うという、なんともシンプルな“おまじない”なのです。

もし、この2枚が隣り合わせに並んでいれば、相性は最高!近々恋が叶うとカードは告げています。違うカードを1枚はさんで隣り合っている場合は、キッカケさえあれば、急接近できる可能性大。アプローチ方法をほんのちょっと変えるだけで、距離がグッと縮まるかも。

間に挟んでいるカードが2枚~4枚までであれば、可能性は十分あるといえるでしょう。ただし、少し時間がかかるかもしれません。あせらずじっくりアプローチするのがオススメです。5枚以上なら、残念ながらちょっと今は難しいかも。アプローチ方法を変える必要がありそうです。

4.「ジャック」の位置にも注目を!

ところで、「ジャック」はどこにありましたか?もし、「クィーン」と「キング」の間に「ジャック」が入っていたら、ほかに気になる異性が現れる可能性大! 運命の恋人が今のあなたの好きな人とは限らない、そんなふうにカードは告げています。

おわりに

なかなか手に取ることがないトランプかもしれませんが、実践してみると、なかなか「おもしろい!」と思えるはず。好きな人がいるなら、ぜひ「トランプの恋占い」を試してみませんか?ふたりの相性診断ができますよ。シンプルで、新鮮で、思わずハマってしまうかもしれませんよ!

(水谷奏音/ハウコレ)

関連記事