2014.02.25

優しすぎる女は本命になれない!?恋愛不幸体質『ネプ女』チェックリスト


西洋占星術では「海王星(ネプチューン)」は“同情”や“自己犠牲”の星とされています。さらに恋における海王星は、“幻想”を見せてあとで“幻滅”させるというやっかいな星…! 恋するたびに相手にダマされたり、利用されたり、尽くしすぎてしまう女性は、恋にこの「海王星」のパワーを使いすぎる傾向があるのです。
いっぽう、快楽の星「金星」を上手に使って恋をする女性は、自分に贅沢をさせてくれたり、気持ちよくさせてくれる相手を選ぶ傾向が。もしかするとあなたは、海王星で恋をする、「ネプ女(ねぷじょ)=海王星女」ではありませんか? 以下の項目に思い当たる人は、要注意です!!

1.ミュージシャンやDJにめっぽう弱い

海王星は音楽の星。妙にミュージシャンやDJやダンサーに憧れたり、つき合うことが多いあなた、もしや『ネプ女』では? 夢を語ってばかりのダメミュージシャンに貢いで浮気されまくる人生や、貧乏時代のアーティストに貢ぎまくり、成功したら捨てられる“糟糠の妻(そうこうのつま)”のパターンにハマるのも『ネプ女』の典型です。

2.お酒のある場所で恋が始まることが多い

海王星は“お酒”や“薬物”とも関わりの深い星。酒場やバーやライブハウスで、酔った状態で恋がスタートすることが多いのは『ネプ女』の最大の特徴です。酒場のスタッフやバーテンダーに思わずポーッとなり、お持ち帰りされてしまうのも典型的な『ネプ女』パターン。ダメ男にホテル代を払わされるのも『ネプ女』の証です。

3.男の「自分語り」を聞いてしまう

海王星は「自己憐憫」の星でもあります。「オレはさぁ…」とくどくどと自分語りをする男の話を優しく聞いてしまうあなた、『ネプ女』になりかけてますよ! SNSで「風邪引いた〜」などと“弱音”をいちいち投稿する男にも要注意。ついコメントして慰めてあげるあなた、“たかり”や“依存”のターゲットにされますよ!!

4.「かわいそう」で深入りしやすい

「好き」よりも「かわいそう」が恋のキッカケになるのが、『ネプ女』の最大の特徴。本来は「楽しい、気持ちいい」という「金星」を使って恋をするほうが幸せ感はずっと高いのに、なぜか『ネプ女』は聖母のような慈悲の心で相手に尽くしてしまうのです。「私がいないと、この人は…」というその発想、『ネプ女』の典型ですから!!

まとめ

いかがでしたか? 同じ恋でも、快楽の「金星」ではなく、同情と犠牲精神の「海王星」にスイッチが入ってしまうと、自分のためにならない恋が多くなるのです。とくに「海王星」は遠い星だけに、自分ではコントロールしにくいもの。危ないと思ったらすぐに引き返す賢さを持っていきましょう♪☆ 

(マダム・プーパ/ハウコレ)

関連記事