2014.02.26

アイドルに学ぶ、「応援したくなるキャラづくり」のコツ・5つ


いまや、男性ファンだけでなく女性ファンも増えている“アイドル”。アイドル戦国時代などと言われ、全国各地にバラエティ豊かなグループが誕生しています。規模や人気の差こそあれ、共通しているのは、彼女たちには熱心なファンがいるということ。愛される女性になるためのヒントを求めて、アイドル好きの男女に、思わず応援したくなる女性のポイントについて聞いてきました。

1.一生懸命な姿勢

「とにかく、一生懸命なところがいい。全力で、汗をかいて、まっすぐ目標に向かって努力している姿が美しいんです。アスリートを応援するのと同じ感覚です」(24歳女性/マーケティング)

一番多かったのは、ひたむきな姿に魅かれるという意見。確かに、冷静な人や、斜に構えた人は素直に応援しようという気持ちにはなりにくいですね。自分がそうなるのは少し恥ずかしいけれど、まっすぐで純粋なものに魅力を感じるということのようです。真面目さや素直さは、応援されるための大事な要素です。

2.成長が感じられる

「少しずつステップアップしていく感じがあるので、飽きずに応援してしまいます。イベントのたびに、次の少し大きなイベント開催が発表されるんですが、『ああ、こうして階段を登っていくんだ』と感じると、一緒に前に進みたい気持ちになります」(26歳男性/人事)

いくら一生懸命でも変化がないと、応援する方も手ごたえが感じられずに飽きてしまいます。少しずつ成長している様子を見せる、こまめに状況を伝えるなどすると、気にかけてもらえそうです。

3.「あなたに」という伝え方

「ファンなんてたくさんいるんですが、アイドルの子って、1人1人とのコミュニケーションがすごくうまいんですよ。気のせいだってわかってるんですが、丁寧に視線を向けてくれるし、こっちを見てくれている感がすごくあるんです」(25歳男性/企画)

たくさんの人に応援されたいからといって、八方美人だと思われては逆効果です。感謝のメールは個別に送る、話しかける時は相手の名前を呼ぶなど、丁寧なコミュニケーションを心がけるのがおすすめです。

4.完璧すぎない可愛らしさ

「ちょっとマイナスなところがあると、可愛いなと思います。美人なんだけどダンスが苦手とか、歌はうまいけど丸顔を気にしているとか、ダメなところもあるけど頑張っているというのが感じられると、応援したくなりますね」(27歳男性/フリーランス)

応援されるためには、最初から頑張りすぎる必要はないんですね。苦手なところがあっても、他の部分を磨いたり努力をしたりすることでカバーする姿勢が大切なようです。

5.自分に合った立ち位置で振る舞う

「ファンって、全員がセンターの子や一番可愛い子を応援しているわけではないんです。端っこにいる子にも、ちゃんとファンがいる。要は、グループ全体が一番良い形になるように、自分の立ち位置をちゃんと理解して、その役割をきちんと果たすことが大切なんです」(28歳女性/編集)

たしかに、センターだけではグループは成立しません。色々な立ち位置、役割の人がいて初めて全体がうまくまわるということを理解して振る舞うことができると、学校や職場など団体の中で好感を持ってもらえそうですね。

おわりに

アイドルには、周囲の人の心を動かす要素がいくつもあることがわかりました。気になるものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

(吉戸三貴/ハウコレ)

関連記事