2014.02.28

どうする?彼が「セックスしたくなさそう」な時の対処法・4つ


自分がセックスしたくないときがあるように、彼にもきっとそんなときはあるはず。だけど、女性はどうしても、「もう私に魅力を感じなくなってしまったのかしら」「私じゃだめなのかしら」と思いがちですよね。そんなときは、どんなふうに対処したらいいのでしょう。

1.冗談交じりに聞いてしまう

週末、やっと休みが合って彼の家に泊まっても、なんとなく彼はセックスしたくなさそう。そんなとき、トモカさん(22歳・仮名/美容院勤務)は彼に、にこにこしながら言ってしまうそう。

「私じゃ感じないのかなーって。ねえねえねえって彼に甘えるようにしてそう言うんです。すると彼は、『昨日、残業したから疲れたんだよ』って。残業して終電で帰ったのに、昼間からデートしてくれたんだってうれしくなる。彼、口が重いタイプだから、残業したことなんか話してくれないんですよね。『じゃあ、今日は早く寝ようか』と言うと、彼のほうからもぞもぞと触ってきたりして。こういうことはストレートに、でも冗談っぽく明るく言うのがいちばんかな、と思います」

2.無理やり襲っちゃう

ホテルに泊まってもなにもしようとしない。そんな彼に業を煮やしたときは、無理やり襲うのもひとつの手かも。つきあいがそれほど長くなくても、もう関係があるのなら、自分から攻めてみてもいいのではないでしょうか。

「私はそうしてる。彼、なかなかタイミングをつかめない上に、ムードを作るのがうまくないタイプだから、こっちから意思表示しないとダメなんです。だから一緒にベッドに入ったら、私から彼の体に触ったりキスしたり。『今日は寝るの』と言われても、キスはやめない。そのうち、向こうもその気になりますよ。それでもダメなら,おとなしく寝るけど、翌朝、襲う(笑)」(24歳/介護職)

3.一度はきちんと話し合う

その日、たまたましたくないことはあったとしても、それが続くようなら一度ちゃんと話し合ってみるのも大事かもしれません。

「つきあって3ヶ月くらいは会うたびにしてたのに、それ以来、デート3回に1回くらいしかしなくなった彼。あるときとうとう、『私とつきあいたくないなら、そう言ってよ』と言ったら、彼はきょとんとしてる。彼、セックスを重視していなかったんですね。『もっとふたりでしたいことがたくさんある』って。でも私にとってはセックスも重要だった。といって義理でされるのはもっといや。1年くらいつきあったけど、結局、セックスを重視するかしないかで合わなくて別れました。でも話し合ってよかったと思っています」(26歳/飲食店勤務)

心に不平不満を持ったままつきあい続けるより、こうやって話し合った上で合わせようと歩み寄ることが重要ですよね。たとえ最終的に別れることになっても、それはしかたがないことかもしれません。

4.自分の心に問うてみる

セックスを求められないと,「女として見られていない」など、女性は卑屈な気持ちになりがちです。そんなときは自分自身に問いかけてみてはどうでしょう。
「私は本当に彼とセックスしたいのか」
「彼とするセックスは楽しいのか」
「今、なぜ不満なのか」
「求められないから愛されていないと思っているのではないか」
「セックスしなくても、彼を好きだと言い切れるか」
紙に書きだしてみて、自分の気持ちを改めて考えてみる。そして、機会があれば、彼に見せて一緒に話してもいいのではないでしょうか。
彼は本当に「したくない」のか、あるいは「したくなさそう」に見えたから、あなた自身が遠慮してしまっているのか。そんなことも話せたら、きっと関係が深まります。

おわりに

彼が「したくなさそう」というのが微妙なところ。したくないとはっきり言ったわけではないなら、自分から攻めてもいいでしょうし、「しようよ」と言ってもいいはず。「求められるのは愛情の証」と考えがちですが、恋愛はあくまでも五分と五分。彼の気配から、考えすぎてしまっている側面もあるのではないでしょうか。
「言いたいけど言えない」を減らしていくことが大事。だってせっかく縁があってつきあい始めた人なのですから。言いたいことを言って、うまくいかなくなるような関係だったら、それまでなんだと腹をくくることも必要かもしれませんね。

(亀山早苗/ハウコレ)

関連記事