2014.03.03

後腐れなく彼氏とお別れする方法・3選


パートナーに別れを切り出したいけど、切り出せない。
こちらが別れたくても、相手がその気になってくれないなんてシチュエーションは往々にしてあるもの。でも、恋愛には前に進む勇気も必要。ここでは古い縁を手放し、新しい恋を見つけるためのおまじないをお教えしましょう。
特別な道具や方法は必要ありません。おうちにあるアイテムを使って、離別のためのおまじないに挑戦してみましょう。

1.お皿1枚でできる縁切りのおまじない

こういったおまじないでポピュラーなのは、相手に符(お札)を渡すこと。でも、わざわざお札を手に入れるのはハードル高すぎ、なんて人はキッチンにある小皿で同じ効果のおまじないができますよ。

【用意するもの】
小皿(100均などで手に入る小ぶりなもの)とマジック。

【方法】
1. お皿に「我 君 念」の3文字をマジックで書きこんでください。
2. このお皿を思いっきり叩き割ってしまいましょう。破片でケガをしないように気をつけてくださいね。割ったお皿はゴミとして出してOK。

我は私を、君はあなたを、念は二人の思いを意味しています。それを叩き割ることによって二人の間にある縁の一切を清算してしまおう、ということ。小皿を叩き割るときは、真剣に別れを念じながらおこなうとさらによいでしょう。

2.シンプルだけど効果絶大 塩まじない

別れ話がこじれそうな気配のときは、塩を使ったシンプルなおまじないで身辺整理を。あなたに降りかかる災いをブロックしてくれる効果があります。

【用意するもの】
塩、白い紙(ティッシュペーパー、半紙なんでもOK)、赤いペン、ライター

【方法】
1.手頃な大きさの白い紙に赤いペンであなたが現在困っていることを否定形で書いてください。
例:彼(○○くん)が私と別れてくれなくて困っている。
  彼(○○くん)が、私にしつこくつきまとって迷惑だ。
2.この紙でお塩をひとつかみ包みましょう。
3.灰皿などの上で塩を包んだ紙を燃やしてください。
4.燃えカスは流し台かトイレに流すとよいでしょう。

このおまじないのポイントはお願いごとを必ず否定形で書くこと。間違っても「○○できますように」、などと願望形で書いてはいけません。
浄化のアイテムの中でも火と塩はもっとも力の強いものですので、紙に書きだされたお悩みを見事に燃やし浄めてくれるでしょう。簡単なようでいてとてもパワフルな効果がありますよ。火を使うおまじないですので、くれぐれも扱いには注意してくださいね。

3.紙とはさみがあればOK! ネガティブなパワーを「撫で物」に託す

あなたを取り巻くマイナス要因すべてを身がわりの人形(ひとがた)に託します。
人間の身体にとりついた邪気や穢れ、災い、病気などを取り払う伝統的なおまじないです。

【用意するもの】
白い紙、はさみ、ライター

【方法】
1. 紙を人形に切り抜きます。
2. この紙の全体を指でくまなく撫でてください。
3. 撫で終えたらその人形に3回、息を吹きかけて灰皿などの上で燃やしてしまいましょう。

ポイントは人形に息を吹きかけること。こうすることであなたを取り巻くネガティブなパワーを人形へと移すことができます。恋のお悩みもしかり。パートナーの束縛に辟易している人、あるいは目に見えない恨みつらみを相手からぶつけられていそう、なんて方はぜひ。
ちなみに神社では「大祓」(おおはらえ)といって、正式には年に2回この儀式を執りおこなうことで有名です。

おわりに

円満なお別れをめざすためのおまじない、ぜひ実行してみてくださいね。次の一歩を踏み出せば、新しい出会いはすぐそこにまで来ているのかもしれませんよ。

(逢坂杏/ハウコレ)
参考文献:困ったときのお祓いBOOK (講談社刊)
関連キーワード

関連記事