2014.03.04

【夢占い】スポーツや運動にまつわる夢・4つ


オリンピック選手がよく口にするのが「楽しむ」という言葉です。これは単に楽しくやろうということではありません。集中力が極めて高まっていると周囲の雑音がかき消え、きついけれど「すごく楽しい」と思えるほどナチュラルハイな状態になるという意味です。夢の世界ではどうでしょうか。スポーツの夢は、夢を見た人、または夢に登場する特定の人物自身が何らかの正念場にいる状況をあらわしていることがあり、どんなにきつい夢であっても開運のヒントがそこに隠されています。ではその中でもポピュラーな夢のいくつかをご紹介しましょう。

ウィンタースポーツの夢

スキーやスノーボードでの滑降は、緊張感やストレスからの解放を促すサインになります。斜面が急になっているほど日ごろの疲労の蓄積を反映し、そこでうまく滑り降りることができたら、疲労の回復を意味します。また、前方に大きく転がり落ちてしまう夢なら開運を暗示し、横や後方に滑落するようなイメージなら不運や失望を暗示します。前方に転がるイメージが開運のカギになります。大きな山の斜面ほど現状の正念場を反映します。

球技の夢

恋人とバレーボールやバスケットボールをしているのは、現状のコミュニケーションの調和または不調和を反映します。恋人が同じチームにいるなら調和を意味し、対戦相手であれば不調和をあらわします。また、一人でボールを追っているのは独りよがりや空気が読めないことを忠告し、突然飛んでくるボールは不注意やミスによる対人トラブルを警告します。現実の世界と同様、コミュニケーション上のキャッチボールは大切です。

マラソンやランニングの夢

マラソン競技で後続を引き離し独走状態でゴールインするのは目標の達成、対人的な優位性を暗示します。ただし、ゴールがいつまでも見えてこないなら、独りよがりや周囲からの孤立状態を反映します。また、誰かと競い合って走っているイメージなら、周囲や特定の人との対人的な葛藤を反映します。
基本的に一人だけでランニングしているイメージは心身の試行錯誤を反映し、日々の生活リズムやペースが乱れている状況をあらわしています。マイペースを維持する工夫を試みてください。

体育・体操の授業の夢

体育・体操の授業を受けている夢は、対人的なアピール不足を反映し、周囲の対人関係に振り回されやすい状況をあらわします。そこに恋人や憧れの男性が登場するなら、相手へ十分なアプローチができない状況や自己アピールが少ないことをあらわしています。
体育教師はあなたの恋の障害物・妨害者を象徴します。基本的に校庭でジャージや体操着を着ているイメージは体力の低下を、体育館で体育の授業を受けているイメージは日々の拘束感や仕事などのマンネリ化を反映します。

恋のライバルを象徴する競技スポーツの夢

紹介したスポーツや運動の夢の他、競泳やレースのような様々な競技スポーツに象徴されるのは、恋愛や対人関係の課題です。特に競泳では自分が一番になりたいという対人的な願望を反映し、恋のライバルや周囲の人に差をつけようとする心の葛藤をあらわすことが多くあります。過酷な競い合いをしている夢の場合、実際の対人関係は厳しく、周囲の横やりや批難、場合によってはあなたに対する陰湿な陰口もあるかもしれません。このような夢を見た場合、恋愛・対人関係の妥協点や協調できる条件を見出し、自身の精神的な柔軟性をつくっていくことが大切です。

(梶原まさゆめ/ハウコレ)

関連記事